相模原市は5月28日、「はやぶさWEEK」イベントを開催することを発表しました。

「はやぶさの日」制定から10年目を迎える2021年の「はやぶさの日イベント」は、2020年12月に小惑星「リュウグウ」から帰還した「はやぶさ2」プロジェクトの成功を記念し、規模を拡大した「はやぶさWEEK」イベントとして実施されます。

イベント開催期間は、令和3年6月5日(土)〜6月13日(日)で、一箇所で開催されるお祭りの様なイベントではなく、オンライン配信や相模原市の各所での期間限定の催し物となります。

オープニングライブ配信  6月5日(土)10時スタート!

JAXA 相模原キャンパスの最寄り駅である淵野辺駅の北口にて、「はやぶさWEEK」 のオープニングを実施し、その様子をライブ配信します。

(1)日 時 6月5日(土)10:00〜11:30
(2)会 場 淵野辺駅北口自由通路1階の広場
(3)内 容
・「はやぶさ2」カプセル帰還記念デザインマンホール蓋の披露
・「はやぶさ体操」の披露
日本で最初のチアリーダー浅井直湖氏考案
全身で宇宙とつながる「はやぶさ体操」お家の中でも楽しく運動不足の解消に!
(4)配信場所 小惑星探査機「はやぶさ2」特設ページにてお知らせ
https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/hayabusa2/index.html
(5)共催 にこにこ星ふちのべ商店会
(6)その他
・新型コロナウイルス感染症に係るまん延防止等重点措置適用下であることを踏まえ、原則、関係者及び報道関係機関のみでの開催となります。
・感染対策のため、手指消毒、マスク着用等の徹底をお願いします。
・新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては中止となる場合があります。

「はやぶさ2」カプセル帰還記念マンホールデザイン

はやぶさWEEK オンライン講演 リレー配信

「はやぶさ」や「はやぶさ2」に携わった研究者の方々からのオンライン講演をリレー形式で配信!!
初号機「はやぶさ」からのバトンを託された「はやぶさ2」のように研究者の方々からのオンライン講演をリレー形式で配信。

「はやぶさ」と「はやぶさ2」の比較、「はやぶさ2」に搭載したサイエンス機器による小惑星リュウグウの観測、想定のほぼ最短時間で行われた帰還カプセル回収、リュウグウから持ち帰ったサンプルの維持管理など、各ミッション達成の瞬間の研究者たちの表情など、はやぶさ2プロジェクトの大成功を支えた方々のメッセージをお届け。

成功の裏側にあった研究者たちの「あきらめない心」「努力する心」、そしてプロジェクトメンバーのチームワークが感じられる内容になっています。

■配信日時

6月7日(月)〜13日(日)毎日10時配信

※配信スケジュールや配信場所は、『小惑星探査機「はやぶさ2」特設ページ(https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/hayabusa2/)』を参照してください。

「宇宙とつながるさがみはらスイーツ」をご紹介

「宇宙とつながるさがみはらスイーツ」の販売は相模原市の各店舗で実施。先着で記念マンホール蓋デザイン缶バッジがプレゼントされます(期間:6月5日〜13日)

「宇宙とつながるさがみはらスイーツ」

「宇宙とつながるさがみはらスイーツ」を販売

はやぶさの日について

平成22年6⽉13⽇、幾多の困難を乗り越えて地球に帰還した⼩惑星探査機「はやぶさ」 は、多くの人々に感動と勇気を与えました。 相模原市をはじめ、JAXAの研究施設が⽴地する7市町で構成する「銀河連邦」では、「はやぶさ」の開発・運⽤に関わった人々の「あきらめない⼼」「努⼒する⼼」を全国の皆さんに伝えていこうと、 平成24年に6⽉13⽇を「はやぶさの⽇」と定め、毎年、記念イベントを実施しています。

 

 

source: 相模原市