米スペースXを率いるイーロン・マスク氏が、ヴァージン・ギャラクティックが提供する宇宙旅行への予約金(デポジット)の支払いをすませていることを、海外メディアが報じています。

ヴァージン・ギャラクティックは米国時間7月11日に、宇宙船「VSS Unity(スペースシップツー)」による有人飛行を実施。創業者であるリチャード・ブランソン氏を含む6人を乗せ、高度80km以上の「宇宙」へと到達しました。

そしてブランソン氏がサンデー・タイムズに語ったところによると、マスク氏は将来のスペースシップツーによる宇宙旅行のために1万ドル(約110万円)のデポジットを支払っているとのこと。なお、マスク氏がいつ宇宙に飛び立つのかは不明ですし、実際には宇宙旅行に参加しない可能性もあります。

一方、マスク氏が率いるスペースXはすでに国際宇宙ステーション(ISS)への宇宙飛行士輸送ミッションを成功させています。さらに、火星ミッションまで視野に入れたより大型の宇宙船「スターシップ」も開発中です。

ヴァージン・ギャラクティックによる商業宇宙旅行ミッションは2022年初頭に開始予定。はたしてマスク氏が他社の宇宙船で宇宙へと旅立つことになるのかに、注目が集まります。

 

関連:ヴァージン、初めて6人で宇宙飛行へ リチャード・ブランソン氏も搭乗 日本時間11日夜

Image Credit: Virgin Galactic
Source: Space.com
文/塚本直樹