アジア最大級の宇宙ビジネスカンファレンスと言われる「SPACETIDE 2022」が2022年7月19日(火)から21日(木)に開催されます。SPACETIDE 2022は、一般社団法人SPACETIDEが毎年開催しているイベントで、今年はオフライン形式とオンライン形式によるハイブリット形式での開催となります。

関連:宇宙ビジネスカンファレンス「SPACETIDE 2022」7月19日より3日間開催 海外の宇宙ビジネスプレーヤーも参加!

(Credit: Spacetide)

会場は東京・虎ノ門を中心としたオフライン会場とイベントプラットフォーム「EventHub」のオンライン会場で行われます。チケットはEventHubにて購入することができ、全てのチケットで1日目〜3日目までのオンライン参加が可能で、アーカイブ視聴もできるということです。

※オフライン(現地参加)のチケットは一部完売しています。

 

この記事では、SPACETIDE 2022のポイントをご紹介します。

SPACETIDE 2022の会場である虎ノ門ヒルズビジネスタワー(1日目)虎ノ門ヒルズフォーラム(2、3日目)は、地下鉄の駅から直結しています。天候を気にすることなくアクセスができます。 日本や海外で宇宙開発、宇宙ビジネスに携わるトップリーダーが集合します。登壇者の詳しい情報はSPACETIDE 2022の公式サイトで確認できます。 3年ぶりのネットワーキングを開催。国内外の登壇者や参加者と交流できます。 同イベントの協賛企業は過去最大の18社となりました。10社以上が当日会場にブースを設置し、展示します。

 

ここからは、1日目から3日目までの見所を説明します。

<1日目:7月19日> Space-Enabled World

1日目は、衛星活用が社会や生活をどのように変えるかに焦点を当てます。アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)やANA、KDDI、日立建機、さくらインターネット、Softbank、SONYなど大手企業が衛星利用について議論を交わします。また、現在各メディアで注目を集める『世界2.0 メタバースの歩き方と創り方』の著者である佐藤航陽氏が登壇します。

関連
・ANAHDとヴァージン・オービットが基本合意書を提携 空中発射実現へ向けて協議を進める
・KDDI、スペースXのスターリンクを回線に利用する契約を締結 2022年度をめどにサービス開始

 

<2、3日目:7月20~21日> Main Conference

2、3日目は、国内外のトップリーダーが現地に集合して、宇宙ビジネスの各分野が生み出す新たな価値を議論します。

日本を代表する民間宇宙企業3社「ALE」「Astroscale」「ispace」が基調講演(キーノート)を実施します。 スペシャルセッションでは、JAXAを退職した宇宙飛行士・野口聡一氏が宇宙旅行ビジネスの展望を語ります。 Apple創業者であるスティーブ・ウォズニアックが設立した宇宙ベンチャー企業「Privateer」のCEOアレックス・フィールディングが登壇します。日本ではあまり知られていない同社の宇宙ビジネスに迫ります。 登壇者のテーマは商業宇宙ステーションや衛星通信コンステレーション、光通信、月面開発など幅広い範囲を扱います。

関連
・アストロスケール、模擬デブリの再捕獲に成功 スペースデブリ除去技術が一歩前進
・ispace「ミッション1」の月着陸船は2022年末打ち上げ予定、組立作業は大詰めを迎える
・ispace、ミッション3で使用される新型月着陸船を公開 2024年の打ち上げ目指す
・「後輩に道を譲りたい」野口聡一宇宙飛行士がJAXA退職を前に記者会見

 

会場へのアクセス方法、チケット情報、イベントや登壇者の詳しい情報は公式ホームページをご確認ください。

 

Source:

SPACETIDE 2022 公式サイト 一般社団法人SPACETIDE - アジア最大級の宇宙ビジネスカンファレンス「SPACETIDE 2022」チケット販売開始!(プレスリリース)

文/出口隼詩