【▲打ち上げ直後の「長征2D」ロケット(Credit: CASC)】

【▲打ち上げ直後の「長征2D」ロケット(Credit: CASC)】

中国は日本時間2022年9月21日に、中国国営企業が開発した「長征2D」ロケットの打ち上げを実施しました。搭載されていた人工衛星は無事に軌道へ投入されたことを、複数の中国メディアが報じています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

■長征2D(CZ2D Y76)

打ち上げ日時:日本時間2022年9月21日8時15分【成功】
発射場:酒泉衛星発射センター(中国)
ペイロード: Yunhai 1-03(雲海1号03)

Yunhai 1-03は、上海航天技術研究院(SAST)が開発した地球観測衛星です。大気や海洋環境の調査、災害に対する対策、科学実験などを実施すると中国メディアは報じています。

🕚~23:15 UTC, Sep. 20
🗼Jiuquan Satellite Launch Center
🚀Long March 2D Y76
🛰️Yunhai 1-03
📹CASC https://t.co/6ne2TSFBx4 pic.twitter.com/jKpUlCjzVX

— China 'N Asia Spaceflight 🚀🛰️🙏 (@CNSpaceflight) September 20, 2022

なお、長征ロケットシリーズの打ち上げは今回で438回目となりました。

 

関連:直近のロケット打ち上げ情報リスト

Source

Image Credit: CASC, SAST 新華網(Weibo)

文/sorae編集部 速報班