【▲打ち上げ直後の「快舟1A」ロケット(Credit: 中国航天科工, 郑斌, Weibo)】

【▲打ち上げ直後の「快舟1A」ロケット(Credit: 中国航天科工, 郑斌, Weibo)】

中国は日本時間2022年9月25日に、中国国営企業「ExPace(エクスペース)」が開発した「快舟1A(Kuaizhou-1A)」ロケットの打ち上げを実施しました。搭載されていた人工衛星は無事に軌道へ投入されたことが、複数の中国メディアにて報じられています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

■快舟1A

打ち上げ日時:日本時間2022年9月25日7時55分【成功】
発射場:太原衛星発射センター(中国)
ペイロード:Shiyan14 & Shiyan15(試験14号 & 試験15号)

Shiyanは中国の技術試験衛星シリーズで、2004年より打ち上げが実施されています。主に、科学実験や技術検証用とされていますが、詳細は公開されていません。中国航天科工(CASIC)によると、Shiyan14は科学実験や技術検証に、Shiyan15は国土調査や都市計画、防災の分野で利用されるとのことです。

 

関連:直近のロケット打ち上げ情報リスト

Source

Image Credit: ExPace, Weibo CASC - 试验十五号卫星发射成功 中国航天科工(Weibo)

文/sorae編集部 速報班