【▲「Crew-5」ミッションの宇宙飛行士4名(Credit: SpaceX)】

【▲「Crew-5」ミッションの宇宙飛行士4名(Credit: SpaceX)】

アメリカ航空宇宙局(NASA)は現地時間9月28日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の若田光一宇宙飛行士が搭乗するスペースXの有人宇宙船「クルードラゴン」エンデュランス号による有人宇宙飛行ミッション「Crew-5」について、打ち上げを10月6日以降へ延期することを報告しました。

日本時間9月29日午前の時点で、ケネディ宇宙センターがある米国フロリダ州にはハリケーン「イアン(Ian)」が上陸しています。当初、Crew-5の打ち上げは日本時間2022年10月4日1時45分に予定されていましたが、ハリケーンの接近にともなって10月5日1時23分に再設定された後、さらに1日延期された形です。NASAはCrew-5ミッションの打ち上げ日時について、ハリケーンの影響に応じて再変更する可能性を示しています。

Crew-5では若田飛行士をはじめ、NASAのニコール・マン(Nicole Mann)宇宙飛行士とジョシュ・カサダ(Josh Kassada)宇宙飛行士、ロシアの国営宇宙企業ロスコスモス(Roscosmos)のアンナ・キキナ(Anna Kikina)宇宙飛行士の合計4名がエンデュランスに搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)に向かいます。

若田飛行士がISSに滞在するのは2013年11月〜2014年5月の第38次/第39次長期滞在に次ぐ2回目で、今回は1996年1月のSTS-72ミッションから数えて5回目の宇宙飛行です。マン飛行士、カサダ飛行士、キキナ飛行士の3名は今回が初の宇宙飛行であり、Crew-5で宇宙飛行経験があるのは若田飛行士のみとなります。JAXAによると、若田飛行士の滞在中には静電浮遊炉(ELF)を利用した高融点材料の熱物性測定や、超小型衛星の放出などがISSの日本実験棟「きぼう」で実施される予定です。

 

関連:若田光一宇宙飛行士が搭乗の「クルードラゴン」10月4日以降打ち上げ

Source

Image Credit: SpaceX, NASA/JSC Commercial Crew Program - NASA Shifts Crew-5 Launch Date Due to Hurricane Ian JAXA - 国際宇宙ステーション長期滞在クルー 若田宇宙飛行士搭乗のクルードラゴン宇宙船(Crew-5)の打上げの延期について

文/sorae編集部