レッチェバロック軽視の理由は?

6月21日に東京競馬場ではユニコーンステークスが行われる。3歳馬の出世レースなだけに注目しておきたいレースである。

今年は新馬戦を10馬身ぶっち切り、前走は道中もたつきながらもヒヤシンスSを勝利したカフェファラオが参戦。同じく2連勝でここに挑むレッチェバロックや好メンバーの端午ステークスを勝ったサトノラファール、青竜ステークス勝ちのデュードヴァンなども参戦。

このレースを東大ホースメンクラブが予想したが、レッチェバロックを軽視。その理由とは?

【ユニコーンステークス2020直前予想】レッチェバロック低評価の理由は?カフェファラオ他 人気馬5頭を徹底考察!(東大HC編)

【ユニコーンステークス2020予想】今年は順調度を評価!本命にしたい軸馬はカフェファラオ?デュードヴァン?(東大HC編)

【函館スプリントステークス2020予想】ダイアトニック、フィアーノロマーノ他 実績馬も出走!出走馬を徹底考察(京大RC編)

【函館スプリントステークス2020予想①】現時点での注目馬は?メイショウショウブ鉄板の3つのデータ!(SPAIA編)

【函館スプリントステークス2020予想②】人気馬の買い要素は?洋芝でこそゴドルフィンの馬を狙う理由をご紹介(SPAIA編)