今年も荒れない?

6月21日に東京競馬場ではユニコーンステークスが行われる。3歳馬の出世レースなだけに注目しておきたいレースである。このレースをAI予想エンジンKAIBAはどう予想したのか。

本命はカフェファラオ。新馬戦で10馬身差の圧勝。その倒した2着馬バーナードループがその後3連勝で、兵庫チャンピオンシップを制した。相手関係を考えてもこの馬が抜けており、AIも本命に推したようだ。

対抗はレッチェバロック。こちらも2連勝中。スピードで言えばこちらの方が上の感があり、前走のようにカフェファラオがもたつくとこの馬の逃げ切りもあるかもしれない。

この馬2頭が1、2番人気を分け合う形となりそうだが、過去10年このレースの勝ち馬は1〜3番人気から出ており、比較的平穏な決着を迎える傾向。今年もすんなり収まるのか?

【AI予想】
◎カフェファラオ
〇レッチェバロック
▲タガノビューティー
△デュードヴァン
×キタノオクトパス

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。 これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。