1:34.9のレースレコード

東京競馬場で行われた3歳ダート重賞、ユニコーンS(GⅢ・ダート1600m)。過去5年の勝ち馬は全てGⅠ馬となるなど、出世レースとしても注目が集まっていた。AI予想エンジンKAIBAの本命は、新馬戦で10馬身差の圧勝、前走のヒヤシンスSでは出遅れながらも力でねじ伏せたカフェファラオだった。

今回はしっかりとスタートを決めたカフェファラオ。レーン騎手は内の馬たちの様子を伺いつつ、徐々に内側へと進路を求め、ハナを切ったレッチェバロックを2番手でピッタリとマークする。

前半800mを46.1と速いペースで通過したが、カフェファラオは手応え抜群で直線へと向く。残り300mで脚色が鈍ったレッチェバロックを交わすと、あとは後続を突き放す一方。後方から2着に追い込んできたデュードヴァンに5馬身差をつけ、1:34.9のレースレコードでの圧勝だった。AI予想も◎△で的中となった。

例年以上にメンバーが揃っていた中で、Hペースで先行して突き放すレースができるということは、同世代では力が違いすぎたということだろう。今後は国内、海外を問わず、大舞台での活躍を期待せずにはいられない。

2番手追走から快勝

函館競馬場ではサマースプリントシリーズの開幕戦、函館スプリントS(GⅢ・芝1200m)が行われた。AIの本命は、前走の高松宮記念3着から挑んだダイアトニック。58kgの斤量が不安視されたが、過去10年で58kg以上を背負った馬の成績が【2,1,1,3】というデータも後押ししての推奨となった。

大外枠から好スタートを切ったダイメイフジが逃げる形となり、レースの主導権を握る。AIの本命ダイアトニックはスタートしてすぐ、少し頭を上げて掛かるような場面も見せたが、武豊騎手はすぐに2番手で折り合いをつける。そのまま隊列は変わることなく直線へと向くと、残り150mで逃げるダイメイフジを捕えてあっさりと交わし去って快勝した。

2着となった10番人気ダイメイフジは、久しぶりの芝でのレースだったが、思い切ってハナを切るという作戦が功をそうした。3着ジョーマンデリンは連闘での重賞挑戦だったが、本当に函館の洋芝、滞在競馬があっているのだろう。着実に力をつけてきているので、引き続き注目しておきたいところだ。