GⅢならアウィルアウェイの巻き返しに期待

7月5日に阪神競馬場で行われるのはCBC賞である。

高松宮記念で無念の4着降着となったクリノガウディー、シルクロードSの勝ち馬アウィルアウェイが参戦。このレースをAIはどう予想したのか?

本命はアウィルアウェイ。前走GⅠでは歯が立たなかったが、GⅢ、オープン、リステッド競走をそれぞれ1勝と実績は十分。週末は雨予報だが、4走前に雨馬場をこなしている点も魅力。GⅢなら巻き返しに期待したい。

対抗はタイセイアベニール。昨秋あたりから一気に力を付けた印象がある同馬だが、前走がシルクロードSの2着馬エイティーンガールを寄せ付けず。まだまだ伸び盛りの印象があるし、このレースは5歳馬の複勝率が中京8年間では37.8%とかなり優秀。阪神に舞台が変わっても時期は同じなのでこのデータは今年も使えると見た方がよさそうだ。

【KAIBA予想】
◎アウィルアウェイ
◯タイセイアベニール
▲クリノガウディー
△ミッキースピリット
×グランドロワ

CBC賞過去8年の年齢別複勝率



《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。 これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。