連対率80%のデータとは?

7月26日に新潟競馬場で行われるのはアイビスサマーダッシュである。年に一度しか行われない千直重賞をAIはどう予想したのか?

本命はライオンボス。直線競馬の成績が【4.1.0.0】と連対率100%。まさに直線競馬の申し子で、前走もとらえ切れないかと思われたところを、最後にもうひと伸びを見せて勝利。2着のジョーカナチャンとは斤量4.5キロ差あったので、完勝と言ってもいいだろう。ライオンボスが一番人気に推されるだろうが、過去10年このレースの1番人気の馬の成績は【7.1.0.2】で連対率80%と圧倒的な数字。千直は重賞がここしかなく、得意な馬はメイチの仕上げをしてくるので、このような数字となるのだろう。いいデータが多いので、ライオンボスは軸として最適である。

過去10年アイビスSD人気別成績

ⒸSPAIA

対抗はジョーカナチャン。こちらも千直【2.1.0.1】と好成績。前走は先ほども述べたが、ライオンボスを脅かしただけにここも期待が持てる。

3番手がイベリス。こちら初の千直となるが、姉はこのレースを連覇したベルカント。近走不振ではあるが、血が騒げばここで目覚めても不思議はない。

【KAIBA予想】
◎ライオンボス
〇ジョーカナチャン
▲イベリス
△ゴールドクイーン
×ノーワン

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。 これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。