ポンデザールの背中を押す2つのデータとは?

8月23日に札幌競馬場で行われるのは札幌記念である。毎年豪華な面々が顔をそろえるが、今年も例に漏れずGⅠ馬3頭が集結。このレースをAIはどう予想したのか?

本命はGⅠ馬ではなく、前走札幌日経オープンを勝ったポンデザール。確かに上位馬には実績では劣るが、札幌芝のレースだけに限れば3戦全勝。 それに鞍上のルメール騎手は過去10年札幌芝のレースでは【22.16.11.26】で複勝率は65.3%。管理する堀厩舎の成績も優秀で【7.2.2.16】で複勝率は40%もある。 実績馬がそろった一戦でも相性の良さで本命に推されたようだ。

札幌芝2000m騎手成績

ⒸSPAIA



対抗はラッキーライラック。GⅠ3勝馬でこの中に入れば実績は断トツでトップ。これ以上は評価を下げられなかったか。

3番手はノームコア。こちらもGⅠ馬で、ここ2走もGⅠで3、4着と力に衰えはない。久々の2000mだが、2018年紫苑Sで1着があるので問題なし。最近、出遅れ癖があるのは気になるが、このメンバーなら恥ずかしい競馬はできないだろう。

【KAIBA予想】
◎ポンデザール
○ラッキーライラック
▲ノームコア
△カウディーリョ
×アドマイヤジャスタ

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。 これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。