今オフ最大の目玉・山田哲人がFA権取得

ヤクルト・山田哲人が9月3日に国内FA権を取得した。昨オフに球団の複数年契約の提示を蹴って1年契約を結んでおり、今オフにFA宣言すれば争奪戦は確実。一部報道では、早くも巨人、楽天、ソフトバンクなどの球団名が挙がっている。

山田が宣言するか否か、宣言した場合の移籍先がどこになるかは注目の的だが、一方で人的補償により移籍先チームから弾かれる選手が出てくる可能性もある。FA宣言選手の年俸によってランク分けされるが、推定年俸5億円の山田はAランクと見られる。

従来の規定では、Aランクの選手が移籍した場合、移籍先球団は元の所属球団に対して、旧年俸の0.8倍の金銭補償、もしくは旧年俸の0.5倍の金銭補償プラス人的補償をすることが取り決められている。

人的補償が選択された場合、移籍先球団は28人のプロテクト名簿を提出し、元の所属球団はその名簿から漏れた選手を自由に獲得できる。昨オフは楽天からロッテにFA移籍した美馬学の人的補償として酒居知史が楽天入りし、逆にロッテから楽天にFA移籍した鈴木大地の人的補償として小野郁がロッテ入り。事実上の交換トレードと話題になった。

江藤智や工藤公康ら大物も人的補償経験

人的補償にはどうしてもネガティブなイメージがつきまとう。プロテクトされなかった、イコール必要不可欠な選手ではなかった、という目で見られるからだ。

2009年までのFA人的補償選手一覧


しかし、過去の例を振り返ると新天地で奮起し、活躍した選手は少なくない。人的補償の第1号となったのが1995年オフにFAで巨人移籍した河野博文に替わって日本ハム入りした川邉忠義。巨人では1軍出場がなかったが、移籍1年目の1996年にプロ初勝利を挙げるなど17試合に登板した。

広島の主砲として2度の本塁打王に輝き、1999年オフにFAで巨人移籍した江藤智は、2005年オフには逆に豊田清の人的補償として西武に移籍。初めてFA移籍と人的補償による移籍を両方経験した選手となった。

現ソフトバンク監督の工藤公康も現役時代は両方経験している。西武時代に3度の最優秀防御率に輝き、1994年オフにFA宣言してダイエー移籍。さらに1999年オフには2度目のFA権行使で巨人に移籍したが、2006年オフに門倉健の人的補償で横浜に移籍した。その後、2010年に西武に移籍し、実働29年で通算224勝をマークしている。

赤松真人、福地寿樹は移籍先で花咲かす

新井貴浩の人的補償で阪神から広島に移籍した赤松真人は、新天地で大きく花を咲かせた一人だ。移籍1年目の2008年、阪神時代は通算36試合しか出場していなかった赤松が、いきなり125試合に出場。12盗塁をマークした同年から7年連続2桁盗塁を成功させた。

胃がんを患うなど波乱万丈の野球人生だったが、通算136盗塁をマークした俊足はファンの脳裏に刻まれている。

赤松と同じ2007年オフに石井一久の人的補償でヤクルト移籍した福地寿樹は、2008年に初めて規定打席到達。打率.320、9本塁打、61打点と自己最高成績を残し、42盗塁で初タイトルを獲得した。

衝撃の馬原孝浩移籍、一岡竜司は新天地でブレーク

2010年以降の人的補償選手は下表の通り。

2010年以降のFA人的補償選手一覧


日本ハム時代の2009年オフに巨人へFA移籍した藤井秀悟は、2011年オフに村田修一の人的補償でDeNA入り。前年未勝利だった左腕が、2012年に7勝、2013年にも6勝を挙げた。

ソフトバンクで長年クローザーを務めていた馬原孝浩が、寺原隼人の人的補償でオリックスに移籍した時は世間を驚かせた。2012年は右肩を手術したため1試合も登板できなかったとはいえ、それまで通算180セーブを挙げていた守護神がプロテクトから外れるとは予想されていなかったからだ。オリックスでは2014年に55試合に登板して1勝32ホールドを挙げるなど、主に中継ぎとして活躍した。

一岡竜司も人的補償による移籍で花を咲かせた一人だ。巨人に入団して2年目だった2013年オフ、大竹寛に替わって広島入りし、移籍1年目の2014年に2勝2セーブ16ホールドをマーク。その後も貴重な中継ぎ右腕として欠かせない戦力になっている。

記憶に新しい内海哲也と長野久義

脇谷亮太は2013年オフに片岡治大の人的補償として西武入りしたが、2年後にFA宣言して巨人に復帰。初の出戻り選手となった。

今シーズン躍進目覚ましいDeNA・平良拳太郎も人的補償組だ。2016年オフに巨人入りした山口俊と替わって移籍し、今季前半戦では先発ローテーション投手として活躍した。

また、2020年9月2日のロッテ戦で743日ぶりの勝利を挙げた西武・内海哲也は、炭谷銀仁朗の人的補償。大学時代に日本ハム、社会人時代にロッテのドラフト指名を拒否した末に巨人入りした長野久義は、丸佳浩の人的補償で広島に移籍している。

希望に満ちてFA移籍する選手がいる一方、人的補償で移籍を余儀なくされる選手は心中穏やかではないだろう。今オフには、どんなドラマが待っているのだろうか。

【関連記事】
・2020年中にFA権取得見込みの選手たち、コロナ渦でやきもき?
・FA選手のランクとは?補償内容がランクで変わる?
・バレンティン抹消…FA権取得で日本人扱いになった外国人選手はなぜ苦戦?