8選手が計9度の首位打者に輝く

プロ野球の2020年シーズンもいよいよ終盤戦。ペナントの行方とともに気になるのが個人タイトル争いだ。

1950年の2リーグ分立以降で個人タイトルを獲得した選手数を球団別に調べてみた。首位打者は下表の通りとなっている。

首位打者獲得選手数ランキング


首位打者のタイトルを獲得した選手が最も多い球団はロッテ。セ・リーグ最多は11人の巨人で、2位は9人のDeNA、3位は8人の阪神となっている。今回は阪神の歴代首位打者を振り返ってみたい。

「ミスタータイガース」藤村富美男、野手転向した田宮謙次郎

1リーグ時代は松木謙治郎や景浦将、金田正泰らが名を連ねているが、2リーグ分立した1950年に首位打者に輝いたのが「初代ミスタータイガース」藤村富美男だった。

阪神の歴代首位打者


呉港中から1936年に大阪タイガースに入団した藤村は、「物干し竿」と呼ばれた長尺バットで活躍。1950年に打率.362でタイトルを獲得した。ほかにも1リーグ時代を含め、本塁打王を3回、打点王を5回獲得。「ダイナマイト打線」の主軸として一時代を築いた。

田宮謙次郎は1949年の入団当初は投手で1年目に11勝を挙げたが、ケガのため野手転向。1958年に打率.320で首位打者に輝いた。同年オフに大毎に移籍し、引退までに通算1427安打、打率.297の成績を残している。

2000安打の藤田平、移籍組の真弓明信、3冠王のバース

藤田平は市和歌山商(現市和歌山高)から1965年ドラフト2位で阪神入りし、1981年に打率.358で首位打者のタイトル獲得。1983年には阪神の生え抜き選手として初の2000安打を達成した。

真弓明信は電電九州から太平洋クラブ(現西武)に入団し、1978年オフに田淵幸一、古沢憲司との2対4のトレードで若菜嘉晴、竹之内雅史、竹田和史とともに阪神に移籍。1983年に打率.353で首位打者に輝いた。タイトルには届かなかったが、1985年には打率.322、34本塁打、84打点で優勝に貢献。通算1888安打をマークし、引退後は阪神の監督も務めた。

「史上最強助っ人」の呼び声高いランディ・バースは2度の三冠王に輝いている。優勝した1985年は打率.350、54本塁打、134打点、翌1986年は現在もNPB記録の打率.389、47本塁打、109打点をマーク。1988年に退団するまで通算打率.337、202本塁打、486打点の成績を残している。

人気者オマリー、優勝に貢献した今岡誠、新記録のマートン

1991年に来日したトーマス・オマリーは、1993年に打率.329で首位打者に輝いた。最高出塁率のタイトルは1992年から4年連続で獲得するなどシュアな打撃の持ち主で、お立ち台で「阪神ファンは一番や!」と絶叫するパフォーマンスも人気だった。ヤクルトを退団した1996年までのNPB計6年で、通算打率.315を残している。

今岡誠は阪神の2度の優勝に貢献した強打者だった。2003年は主に1番として起用され、右打ちで足が遅いにもかかわらず打率.340のハイアベレージで首位打者のタイトル獲得。5番の多かった2005年は歴代3位の147打点を挙げて打点王に輝いた。現在はロッテの二軍監督を務めている。

マット・マートンも球団史に残る優良助っ人の一人だ。2010年に来日し、いきなり当時新記録の214安打をマーク。この年を含めて最多安打のタイトルを3度獲得し、2014年には打率.338で首位打者に輝いた。NPB通算6年で1020安打、打率.310をマークしている。

【関連記事】
・巨人の歴代首位打者はセ最多11人【タイトル獲得選手数ランキング】
・大山悠輔は6人目なるか?阪神の歴代本塁打王はセ最少【タイトル獲得選手数ランキング】
・岡本和真が狙う本塁打王、巨人の歴代キングは何人?【タイトル獲得選手数ランキング】