最近12年でドラフト1位の抽選3勝6敗

2020年のプロ野球ドラフト会議は10月26日(月)に開催される。ドラフト会議の見どころのひとつが指名が重複した場合の抽選。当たりくじを引き当てて喜ぶ監督、外して落ち込むフロント陣、安堵する選手たちのコントラストは毎年繰り広げられる光景だ。

では、くじ運最強の球団はどこだろうか。高校生と大学生・社会人の分離開催から一括開催に変更された2008年以降の抽選結果をランキングにしてみた。

ドラフト1位抽選結果ランキング


競合した球団数に関係なく、引き当てたかどうかだけを単純にカウントすると、ロッテ、中日、西武、楽天、日本ハムに次ぐ6位が勝率.333の広島。12年間で3回の当たりくじを引き当てている。

小園海斗、中村奨成、大瀬良大地を獲得

では、広島のドラフトを年度ごとに見ていこう。

広島のドラフト1位抽選結果


2018年はDeNA、ソフトバンク、オリックスと4球団競合した俊足巧打の内野手・小園海斗(報徳学園高)を獲得。2017年は夏の甲子園で6本塁打の最多記録を樹立した地元・広陵高の中村奨成を中日との競合の末に獲得した。

2013年は九州共立大の大瀬良大地を指名し、阪神、ヤクルトと3球団競合。田村恵スカウトが見事に当たりくじを引き当てた。

外れ外れ1位も2回、2019年は森下暢仁を一本釣り

この12年で広島は3回当たりくじを引いている一方、同じ年に2回連続外したこともあった。

2012年は楽天と競合した森雄大(東福岡高)を外し、西武と競合した増田達至(NTT西日本)もハズレ。高橋大樹(龍谷大平安)を外れ外れ1位で獲得した。

2016年は5球団競合の田中正義(創価大)、外れ1位でも5球団競合した佐々木千隼(桜美林大)を外して、慶応大の加藤拓也を指名した。

また、2014年には4球団競合の有原航平(早稲田大)を外し、野間峻祥(中部学院大)を獲得。2010年は6球団競合した早稲田大の大石達也を外し、チームメートの福井優也を指名した。

育成力に定評のある広島は、昨年の森下暢仁(明治大)や2015年の岡田明丈(大商大)、2011年の野村祐輔(明治大)、2009年の今村猛(清峰高)ら一本釣りも多い。抽選を外すリスクより、好素材の選手を確実に獲って育成する方が得策という考えもあるだろう。

結果論ではあるが、新人王候補の森下を単独指名できたことは本当に大きい。今年はどういう戦略で臨むのか、情報戦はギリギリまで続く。

【関連記事】
・ドラフト1位くじ運ランキング、ロッテは12球団一の強運
・ドラフト1位くじ運ランキング、運は強いが一本釣りも多い西武
・ドラフト1位くじ運ランキング、「一番いい選手を獲る」日本ハム