3年連続60試合登板

五十嵐亮太はプロ入り3年目の2000年に自身初の開幕一軍入りを果たすと、以降はリリーフとしてフル回転の活躍。04年には最優秀救援投手のタイトルを獲得するなど、3年連続での60試合登板をクリアした。

10年からはメジャーリーグに挑戦すると、3年間にわたって海の向こうでプレー。13年に日本球界復帰を果たすと、14年にはリーグトップの44ホールドを挙げ、チームの日本一に貢献した。

19年には10年ぶりに古巣ヤクルトに復帰し、5月にはNPB通算800試合登板を達成。しかし、今季はコンディション不良で一軍での登板機会がなく、10月に現役引退を表明した。

歴代NPB:通算救援登板ランキングⒸSPAIA


プロ入り以来、リリーフひと筋で積み重ねた登板数は日米通算で906。NPBでは歴代2位となる救援登板数を記録した。自慢の剛速球でファンを魅了した背番号53は、慣れ親しんだ神宮のマウンドで現役生活に終止符を打った。

通算成績823試合866回1/3 920奪三振

■プロフィール
20年目 41歳 投手
1997年ドラフト2位
敬愛学園高−ヤクルト−メッツ−パイレーツ−ブルージェイズ−ヤンキース−3Aスクラントン−ソフトバンク−ヤクルト

■通算成績
823試合 65勝 39敗 163ホールド 70セーブ 866回1/3 920奪三振 防御率2.93

■主な獲得タイトル
最優秀救援(04年)

※文章、表中の数字はすべて2020年11月12日終了時点


企画・監修:データスタジアム



【関連記事】
・選手分析 〜ヤクルト #55 村上 宗隆〜「原石から宝石への研磨」
・村上宗隆と安田尚憲、清宮幸太郎の同期3人をデータで比較
・ヤクルトの歴代首位打者はセ最少の5人【タイトル獲得選手数ランキング】