ともに外食した杉本健勇は合流も「違いは繰り返しの部分」

J1浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督(46)が12日、オンライン取材に出席し、コロナ渦の沖縄キャンプ中に外食したことが発覚したMF柏木陽介に対して厳しい態度を示した。

柏木は沖縄キャンプ中の2月4日、クラブから近隣のコンビニエンスストア以外への外出および外食を禁止されていたにもかかわらず、FW杉本健勇とともに外食。沖縄県が独自の緊急事態宣言を発令している状況下でもあり、クラブの規律に反する行為として2人には罰金と厳重注意処分が科された。

両者ともにPCR検査を受けて陰性が確認されており、杉本は10日から練習に合流。しかし、柏木は昨秋にも知人と外食して厳重注意を受けた過去があるためいまだ合流しておらず、一部では退団の可能性も報じられている。

ロドリゲス監督は「ピッチ内外で規律は守らないといけない。団結しないといけないタイミングで起こったことは残念だ」とした上で、「杉本には失望したと伝えた。彼は反省している。柏木はまだ練習に戻っていないので直接、話はしていない。杉本と柏木の違いは繰り返しの部分。私の考えはクラブに伝えた。柏木がとった振る舞いを受け入れることはできない」と厳しい表情を見せた。

柏木は2009年オフにサンフレッチェ広島から浦和に移籍し、J1通算392試合出場で56得点を挙げている33歳。日本代表としても国際Aマッチに11試合出場している。

新主将の阿部勇樹は絶賛

昨年、徳島ヴォルティスをJ1昇格に導いた手腕を買われて招聘されたロドリゲス監督。就任早々トラブルに見舞われたが、強くて魅力的なチーム作りに向けて期待をかけるのは新キャプテンに就任した阿部勇樹だ。

ともすればチームに動揺が走りかねない不測の事態にこそ、結束力を高めるために今年40歳になるベテランの存在は不可欠。指揮官は「ベテランなのに常に全力で若手の模範になるし、海外の経験もある。浦和の歴史も知っている。ACLの優勝メンバーでもある。彼と会話して価値観も近いと分かった。理想的なキャプテンだ。ロッカーなどで私のメッセージを他の選手に届け、サッカーだけでなく私の価値観を伝えてもらいたい」と絶賛している。

13日は埼玉スタジアム2002でSC相模原とトレーニングマッチが予定されており、浦和レッズ公式YouTubeチャンネルでライブ配信される。ロドリゲス監督は「私にとって埼玉スタジアムでの最初の試合。スペクタクルを視聴者に届けたい。まだ100%ではないが、成長中であることも理解してもらいながら楽しんでもらいたい」と意気込んだ。

【関連記事】
・浦和と徳島が異例の監督争奪戦、ロドリゲス監督が徳島で続けるべき理由
・Jリーグ徳島のダニエル・ポヤトス新監督が味わったスペインでの栄光とギリシャでの挫折
・川崎FをJリーグ最強にした鬼木達監督は「究極のハングリー・マネージャー」