北陽高・嘉勢敏弘は近鉄とオリックスの2球団競合

夏の甲子園決勝で佐賀商が樟南を破って初優勝を決めた1994年。秋のドラフトの注目株だった高校通算70本塁打の別府大付高・城島健司は、プロ入りを拒否して駒澤大進学を表明していた。

当時は大学生と社会人対象の逆指名制度があり、2巡目まで指名が重複した場合は抽選、3巡目以降はウェーバーというルール。城島はダイエーが強行指名し、北陽高(現関大北陽高)・嘉勢敏弘が近鉄とオリックスの2球団競合、横浜高・紀田彰一が横浜と中日の2球団競合となった。

1994年ドラフト1巡目指名選手の成績


外れ1位も含め、各球団1巡目指名選手のプロ入り後の成績を振り返る。

横浜は地元・横浜高の紀田彰一、ロッテは大村三郎

日本ハムは仙台育英高の右腕・金村秀雄(曉)を指名した。夏の甲子園で嘉勢擁する北陽を破ってベスト8入りした金村は、1998年に防御率2.73でタイトル獲得するなど、主に先発で活躍。2002年から4年連続2桁勝利を挙げ、通算89勝81敗2セーブをマークした。阪神移籍後の2010年オフに戦力外となった。現在は阪神の一軍投手コーチを務めている。

横浜は地元・横浜高で通算41本塁打をマークしていた紀田彰一を引き当てた。しかし、素質開花せず、2年目に6試合出場したのみで西武移籍後の2000年オフに戦力外となった。

ロッテはPL学園高の大村三郎を指名。当時は同姓の大村巌が所属しており、同年にオリックスのイチローが210安打を放ってブレークしたこともあって「サブロー」で登録された。2011年6月に巨人にトレード移籍したが、オフにFA宣言してロッテに復帰。2016年に引退するまで通算1363安打、127本塁打をマークした。

阪神は甲府工高の右腕・山村宏樹を指名。近鉄、楽天と移籍し、2012年にユニフォームを脱いだ。通算31勝44敗2セーブ20ホールドの成績を残している。

ヤクルトは北川哲也、広島は山内泰幸

ダイエーは城島健司を強行指名した。就任したばかりの王貞治監督に口説かれてプロ入りすると、小久保裕紀、松中信彦、井口資仁らと「ダイハード打線」を形成。2005年オフにFAでマリナーズに移籍し、阪神移籍後の2012年に引退した。通算1406安打、244本塁打、808打点。現在はソフトバンクの会長付特別アドバイザーを務めている。

ヤクルトは日産自動車の右腕・北川哲也を逆指名で獲得。1999年オフに戦力外となるまで通算36試合登板で4勝5敗1セーブだった。

近鉄は嘉勢を外して桜井商高の右腕・田中宏和を指名。しかし、一軍登板を果たせないまま1999年に戦力外となった。

広島は尾道商高から日本体育大に進んで通算31勝を挙げていた右腕・山内泰幸を逆指名で獲得。1年目から14勝を挙げて新人王に輝くなど活躍し、2002年に引退するまで通算45勝44敗1セーブの成績を残した。

巨人は河原純一、ヤクルトは2位で宮本慎也、3位で稲葉篤紀

オリックスは高校通算52本塁打の北陽高・嘉勢敏弘を引き当てた。野手として入団したが、仰木彬監督の方針で投手としても登板。2004年オフに戦力外となるまで投手としては136試合登板で3勝7敗、野手としては通算打率.135、17安打、9打点の成績を残している。

中日は紀田を外して立命館大の右腕・金森隆浩を指名。1996年10月の阪神戦でプロ初先発すると新庄剛志と塩谷和彦に1イニング2本の満塁本塁打を浴び、8失点を喫した。結局、一軍ではこの試合を含む2試合に登板しただけで、1999年に戦力外となった。

西武は東京ガスの左腕・富岡久貴を逆指名で獲得。広島、西武、横浜、西武、楽天と渡り歩き、2005年に戦力外通告を受けるまで通算76試合登板で1勝4敗だった。

巨人は駒澤大で通算23勝を挙げていた右腕・河原純一を逆指名で獲得。西武、中日と移籍し、2011年に戦力外となるまで通算31勝42敗40セーブ27ホールドをマークした。

ドラフト前は飛び抜けた目玉がおらず「不作」とも言われた1994年組。結果的には城島が名捕手へと成長した。

2巡目以下では新王子製紙春日井の右腕・黒木知宏がロッテ2位(逆指名)、日本大・北川博敏が阪神2位(逆指名)、日産自動車・川尻哲郎が阪神4位、プリンスホテル・宮本慎也がヤクルト2位(逆指名)、法政大・稲葉篤紀がヤクルト3位、東北高・嶋重宣が広島2位、立正大・西口文也が西武3位、都城高・福盛和男が横浜3位、横浜高・多村仁が横浜4位で入団している。

【関連記事】
・原辰徳に4球団競合した1980年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
・清原和博に6球団競合した1985年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
・福留孝介に7球団競合した1995年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?