ヤクルト、大洋、阪急、西武の4球団が東海大・高野光を指名

夏の甲子園で桑田真澄、清原和博の1年生コンビの活躍でPL学園が優勝した1983年。秋のドラフトでは、東海大の右腕・高野光や甲子園で夏春連覇を果たした池田高・水野雄仁らに注目が集まっていた。

当時は指名が重複した場合は抽選、外れた場合はウェーバーというルール。高野にはヤクルト、大洋、阪急、西武の4球団が競合し、創価高の左腕・小野和義には南海、近鉄、日本ハムの3球団、東芝の右腕・川端順にはロッテと広島の2球団が競合した。

1983年ドラフト1巡目指名選手の成績


外れ1位も含め、各球団1巡目指名選手のプロ入り後の成績を振り返る。

中日は享栄高のスラッガー・藤王康晴、南海は加藤伸一

高野光を引き当てたのはヤクルトだった。東海大で通算23勝をマークした長身右腕は、1年目にいきなり開幕投手を務めるなど10勝をマーク。3年目の1986年にも12勝を挙げ、ダイエーに移籍した1994年に引退するまで通算51勝55敗13セーブの成績を残した。

ロッテは川端を外して沖縄水産高の右腕・比嘉良智を指名。一軍では1試合に登板したのみで1987年にユニフォームを脱いだ。

中日は享栄高で通算49本塁打をマークしていたスラッガー・藤王康晴を指名。高卒1年目から34試合に出場して2本塁打を放ったが、レギュラーは獲得できず日本ハム移籍後の1992年に引退した。通算237試合出場で92安打、10本塁打だった。

南海は小野を外して倉吉北高の右腕・加藤伸一を指名。シュートを武器にダイエー、広島、オリックス、近鉄でも活躍し、2004年に引退するまで通算92勝106敗12セーブをマークした。

阪神は中西清起、3球団競合の小野和義は近鉄

阪神はリッカー・中西清起を指名。高知商高3年春のセンバツで優勝した右腕は、1985年にリリーフとして11勝3敗19セーブの好成績を収め、21年ぶりのリーグ優勝に貢献した。その後も阪神ひと筋で1996年に引退するまで、通算477試合登板で63勝74敗75セーブをマークしている。

近鉄は創価高・小野和義を引き当てた。1986年から4年連続2桁勝利を挙げるなど、主に先発として活躍。西武、中日と移籍し、1997年に引退した。通算82勝78敗4セーブの成績を残している。

大洋は高野を外して法政大・銚子利夫を指名した。市立銚子高時代に近鉄の4位指名を拒否して法大に進学し、プロ入り後は1988年にサードのレギュラーに定着。広島移籍後の1993年に引退するまで通算433試合出場で278安打、3本塁打の成績を残した。

日本ハムは小野を外して駒澤大・白井一幸を指名。俊足のスイッチヒッターとして活躍し、1989年には38盗塁をマークした。通算1187試合出場で889安打、168盗塁の成績を残し、オリックス移籍後の1997年に引退した。

広島は川端順、阪急は野中徹博、西武は渡辺久信

広島は東芝・川端順を引き当てた。2年目の1985年に11勝7セーブをマークして新人王、1987年には10勝2敗2セーブで最高勝率のタイトルを獲得。1992年に引退するまで通算46勝26敗19セーブの成績を残した。

阪急は高野を外して中京高(現中京大中京高)の右腕・野中徹博を指名。甲子園で池田高の水野と投げ合い、プロでもエース候補として期待されたが、台湾球界を経て中日、ヤクルトと移籍し、通算2勝5敗4セーブだった。

巨人は池田高・水野雄仁を指名した。1987年に10勝をマークするなど、1996年に引退するまで巨人ひと筋で通算265試合に登板し、39勝29敗17セーブの成績を残した。

西武は高野を外して前橋工高の右腕・渡辺久信を指名した。3年目の1986年に16勝で最多勝に輝くと、1988年は15勝、1990年にも18勝でタイトル獲得。ヤクルトに移籍した1998年に引退後は台湾でもプレーした。通算125勝110敗27セーブ。現在は西武のGMを務めている。

個性派の好投手が多かった1983年組。2巡目以下では市立尼崎高・池山隆寛がヤクルト2位、東洋大・仁村徹が中日2位、横浜商高・三浦将明が中日3位、日大藤沢高・山本昌広が中日5位、日産自動車・池田親興が阪神2位、興南高・仲田幸司が阪神3位、箕島高・吉井理人が近鉄2位、法政大・小早川毅彦が広島2位、中京高・紀藤真琴が広島3位、旭川工高・星野伸之が阪急5位、水島工高・佐々木誠が南海6位で入団している。

【関連記事】
・藤浪晋太郎と大谷翔平が目玉だった2012年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
・松井秀喜に4球団競合した1992年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
・高橋由伸が巨人を逆指名した1997年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?