エフフォーリア本命は2人

2021年の牡馬クラシック初戦、皐月賞(GⅠ・芝2000m)。SPAIA予想陣6人はこのレースをどう見たのだろうか。

最多の3人が本命に推奨したのはダノンザキッド。東大ホースメンクラブは、弥生賞ディープインパクト記念は状態も万全でなく、この敗戦だけで見限ることはできないと述べている。

ついで2人が本命としたのは、共同通信杯を勝利して挑むエフフォーリア。京都大学競馬研究会は、2着以下に2馬身半という決定的な差をつけたレースぶりに加え、レースレベルの高さから世代屈指の実力があると評価。気になる雨予報に関しても、稍重程度なら問題なくこなせると分析している。

その他では本命こそいなかったものの、ヴィクティファルスに対抗が1人、3番手評価が4人と総じて高評価が集まった。今回も道悪が想定される中、重馬場で行われた前走のスプリングSで勝利している実績が注目された。

皐月賞 予想印


AI予想エンジンKAIBA
◎ダノンザキッド
○ディープモンスター
▲レッドベルオーブ
△ヨーホーレイク
×エフフォーリア

東大ホースメンクラブ
◎ダノンザキッド
○シュヴァリエローズ
▲ヴィクティファルス
△エフフォーリア
×ステラヴェローチェ
×アサマノイタズラ

京都大学競馬研究会
◎エフフォーリア
○アドマイヤハダル
▲ヴィクティファルス
△ラーゴム
×アサマノイタズラ

門田光生(データ予想)
◎エフフォーリア
○ヴィクティファルス
▲シュヴァリエローズ
△グラティアス
×アドマイヤハダル

三木俊幸(馬場適性チャート)
◎ダノンザキッド
○エフフォーリア
▲ヴィクティファルス
△ステラヴェローチェ
×アサマノイタズラ
×ラーゴム

坂上明大(馬場/展開バイアス)
◎ステラヴェローチェ
○エフフォーリア
▲ヴィクティファルス
△グラティアス
×ダノンザキッド
×ラーゴム
×タイトルホルダー
×アサマノイタズラ


《関連記事》
【皐月賞】稀に見る混戦もエフフォーリアは崩れない 東大HCが中山芝2000mを徹底検証
【皐月賞】課題残ったダノンザキッド 前哨戦で世代屈指のレースセンスを見せたのは?
【皐月賞】ハイブリッド式消去法で3頭が浮上!エフフォーリア以上の気になる穴馬とは