メイショウダッサイが勝利

4月17日、中山競馬場で行われた中山グランドジャンプは森一馬騎手騎乗のメイショウダッサイが1着で入線。2着にはケンホファヴァルト、3着にはタガノエスプレッソが入線した。

終始外めの好位で危なげないレース運びを見せた昨年末の中山大障害勝ち馬メイショウダッサイ。最後の障害飛越を終えるともうひと伸び、2着に4馬身差をつける完勝で文句なしの障害王者に輝いた。

2着は控える競馬に転じたケンホファヴァルト、3着は植野騎手に鞍上変更となったタガノエスプレッソと、終わってみれば中山大障害と全く同じ1〜3着になった。

6連覇のかかったオジュウチョウサンは好位の内を進めるも、最終コーナーを迎える時点では既に脚がなく後退。健在を示すことはできなかった。

※万全を期すため、主催者が発表する情報と照合してください。


《関連記事》
【皐月賞】稀に見る混戦もエフフォーリアは崩れない 東大HCが中山芝2000mを徹底検証
【皐月賞】課題残ったダノンザキッド 前哨戦で世代屈指のレースセンスを見せたのは?
【皐月賞】ハイブリッド式消去法で3頭が浮上!エフフォーリア以上の気になる穴馬とは