本塁打28本➝10本、犠飛1本➝6本

野球というスポーツが点取りゲームである以上、直接勝敗につながる可能性のある「犠飛」は、もっと評価されてしかるべきだろう。現状は「犠牲フライ」という名称ゆえか、あまりプラスに評価されない傾向にある。三塁走者を還しているのに「最低限の仕事」と言われることがあるが、その1点が勝敗を分けることもあり、決して「最低限」ではないはずだ。

では、犠飛を最も打っているのは誰なのか。今季前半戦のセ・リーグでは阪神・大山悠輔が6本でトップだった。

セ・リーグ犠飛ランキング


昨季28本塁打をマークし、今季は生え抜き選手として1985年の掛布雅之(40本)と岡田彰布(35本)以来となる30発が期待されていたが、前半戦は打率.245、10本塁打、43打点と不振。それでも6本の犠飛でチームに貢献している。

ちなみに28本塁打を放った昨季の犠飛はわずか1本(リーグ1位は中日・ビシエドの10本)。本塁打が減って犠飛が増えている大山は、本塁打の打ち損じで飛距離が足りずに犠飛になることが多いと考えられる。

大山悠輔のゾーン別データ


課題は内角にある。ストライクゾーンを9分割したSPAIAのゾーン別データでは、高低を問わず内角は全て打率2割未満を示す青に染まっている。内角低めは24打数4安打の打率.167で13三振。内角をうまくさばければ、失速して犠飛になった飛球がスタンドに届くかも知れない。

16年ぶりの優勝に向け、首位で折り返した阪神。新人・佐藤輝明ばかりが目立つが、栄光のゴールテープを切るには大山の復調が欠かせないはずだ。

中村悠平、坂倉将吾、小園海斗らスラッガー以外もランクイン

2位は5本の巨人・岡本和真。今季は27本塁打、80打点で2冠ロードをばく進中だ。岡本は昨季と2018年は犠飛0本、2019年も3本で、今季はすでに自身のシーズン最多犠飛を更新している。

確率的に見ると、飛距離が必要な犠飛はスラッガーの方が多いが、そうではないタイプも多数ランクインしている。3位はDeNAの宮崎敏郎とヤクルト・中村悠平が4本で並んだ。宮崎は8本塁打を放っているが、中村は前半戦2本塁打。決して長距離砲ではないものの、今季前半戦は71試合に出場して打率.294を残しており、攻守両面でチームの3位躍進に貢献している。

5位は規定打席未達者も含め、8人が並んだ。広島は15本塁打の鈴木誠也、4本塁打の坂倉将吾、1本塁打の小園海斗の3人。チームは前半戦5位と低迷しているが、坂倉や小園らの活躍は明るい材料だ。

昨季トップの中日・ビシエドはわずか2本

中日は高橋周平と京田陽太の2人。いずれもスラッガータイプではなく打率も2割5分台だが、チャンスできっちり仕事をしている。ちなみに昨季は犠飛10本でリーグトップだったビシエドは今季前半戦でわずか2本。この辺りも中日が勝ち切れない要因のひとつかも知れない。

リーグトップの打率.328で2年連続首位打者へ視界良好のDeNA・佐野恵太も犠飛3本。宮﨑やオースティン、ソトらが並ぶ打線は強力だけに、後半戦は最下位から浮上する期待も膨らむ。

ヤクルトの山田哲人と村上宗隆も3本で並ぶ。今さら説明する必要もない球界を打表する強打者だけに3本は少ない気もするが、狭い神宮では犠飛にならずスタンドまで届く場合も少なくないだろう。

たかが犠飛、されど犠飛。後半戦でランキングがどう変動していくか注目だ。

【関連記事】
・セ・リーグIsoPランキング、セ界一のパワーヒッターは誰だ?
・セ・リーグ最少三振ランキング、阪神・近本光司は大幅に進化
・パ・リーグ最少三振ランキング、オリックス吉田正尚は驚異の「全コース対応」