NPBのみでは杉内俊哉と和田毅が142勝で並ぶ

西武の松坂大輔が引退を表明した。1998年の甲子園で春夏連覇、決勝でノーヒットノーランという実績を引っ提げて西武に入団し、日米で活躍して22年。一つの時代の終焉を感じさせる。

1980年度生まれの同世代選手のフラッグシップとしても知られた松坂。同期には甲子園で活躍した選手も多く、プロ入り後も成功を収めた選手もいた。彼らは「松坂世代」と呼ばれ、切磋琢磨して平成のプロ野球界を盛り上げた。

松坂世代でNPBの一軍公式戦に1試合でも出場した選手は外国人選手を除くと77人いる。そのうち投手43人の勝利数10傑と50セーブ、50ホールド以上、300登板以上をランキングにしたのが下の表だ。

松坂世代の勝利数10傑


現時点では杉内俊哉と「松坂世代」で唯一の現役選手である和田毅が142勝で並んでいる。和田は今季4勝を挙げて元僚友・杉内の記録に並んだ。後半戦には単独1位になる可能性が高い。

松坂は114勝で3位。フラッグシップでありながら、トップにはなれなかった。しかし、松坂はMLBで56勝43敗を挙げている。和田、藤川球児、多田野数人もMLBに挑戦しているが、MLBで和田は5勝5敗、藤川は1勝1敗、多田野も1勝1敗だった。日米通算では松坂が170勝108敗で1位、和田が147勝81敗で2位となっている。

救援投手では、藤川が243セーブ163ホールド、次いで永川勝浩が165セーブ79ホールド。ともに平成を代表するクローザーと言える。だが、残念なことに、名球会入りの基準である「200勝」「250セーブ」に到達した投手はいない。

松坂でも200勝には30勝足りなかった。MLBで2セーブを挙げている藤川も245セーブで、5セーブ足りない。最終年となった2020年に一時期復活した際、2セーブを挙げ大台到達かと思われたが、達成することなく引退を表明した。

他にも阪神で藤川と共に「勝利の方程式」を組んだ久保田智之や、ロッテ、阪神、DeNAで二桁勝利を挙げた久保康友ら目覚ましい活躍をした投手がいる。

村田修一は2000安打に135本届かず

打者は34人。この中から安打数10傑と50本塁打以上、30盗塁、500試合出場した選手をランキングした。

松坂世代の通算安打数10傑


最多安打は村田修一だ。東福岡高校時代はエースだったが、松坂と投げ合って才能の違いを痛感し、大学から打者に専念。横浜から巨人を経て本塁打王2回、ベストナイン4回、ゴールデングラブを3回受賞している。しかし、2017年限りで巨人を自由契約となったため、2000安打には135本届かず名球会入りは果たせなかった。

2位は広島の内野手として堅実な守備とつなぐ打撃で貢献した東出輝裕。3位は勝負強い打撃で鳴らし、日本ハム時代の2010年に109打点でタイトルを獲得した小谷野栄一だ。ちなみに、小谷野はリトルシニア時代に松坂とチームメイトだった。

3位までが1000安打以上で、4位以下には広島で遊撃手として活躍した梵英心や、北海道に移転したばかりの日本ハムで外野守備の要として、チームの盛り上げ役として活躍した森本稀哲ら華々しい顔ぶれが並ぶ。

松坂の横浜高校のチームメイトからは、小池正晃、後藤武敏、小山良男の3人がプロ入りしている。小山は中日で9試合の出場にとどまったが、小池、後藤は脇役ながらも渋い活躍でチームに貢献した。

今季で41歳という年齢を考えれば終焉は仕方ないが、MLBでは同年齢のネルソン・クルーズが21本塁打52打点、打率.289の活躍をしていることを考えると少し早い気もする。

近鉄や横浜で活躍した大西宏明は「(松坂)大輔とは今も連絡を取り合っています。こないだも僕の焼き肉店に来てくれました」と語る。「松坂世代」は心でつながっているのだ。引退後も各方面での活躍に期待したい。

【関連記事】
・燃え尽きるまで戦い抜いた松坂大輔の本心、きっかけはイチローだった
・松坂大輔に3球団競合した1998年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
・松坂大輔、斎藤佑樹、清宮幸太郎…今季一軍出場がないパ・リーグの選手たち