大阪と広島で決勝、東東京で準決勝2試合

第103回全国高等学校野球選手権の地方大会が1日、各地で行われた。広島大会では決勝が行われ、広島新庄が祇園北を12−0で破り、5年ぶり3回目となる優勝。春夏連続での甲子園切符をつかんだ。祇園北は春夏通じて初の甲子園出場はならなかった。

大阪大会でも決勝が行われ、大阪桐蔭が興国をサヨナラ勝ちで下し、3年ぶり11回目の夏の甲子園出場を決めた。3−3の同点で迎えた9回2死三塁のチャンスで、主将の3番・池田陵真がレフト前へサヨナラ打を放った。興国は46年ぶりの甲子園出場はならなかった。

東東京大会では、準決勝2試合が東京ドームで行われた。第1試合は関東第一が4−1で修徳を下し、2大会連続の甲子園出場へあと1勝に迫った。第2試合は二松学舎大付が4−2で帝京を破り、3年ぶりの甲子園へ王手をかけた。決勝戦は明日2日15時30分から予定されている。

全国選手権大会は8月9日(月)から17日間、甲子園球場で行われる。全国の結果は以下の通り。

【大阪】▽決勝
大阪桐蔭 4−3 興国

【広島】▽決勝
広島新庄 12−0 祇園北

【東東京】▽準決勝
関東第一 4−1 修徳
二松学舎大付 4−2 帝京

【関連記事】
・高校野球都道府県別代表校の夏の甲子園最高成績【大阪編】
・高校野球都道府県別代表校の夏の甲子園最高成績【広島、岡山編】
・高校野球の県内ライバル校伝説【東東京・静岡・岐阜・広島】