ビエイラは防御率0.00、鈴木誠也は打撃3冠

プロ野球の7、8月度「大樹生命月間MVP賞」が発表され、セ・リーグはチアゴ・ビエイラ(巨人)と鈴木誠也(広島)、パ・リーグは山本由伸(オリックス)と藤原恭大(ロッテ)が受賞した。

初受賞のビエイラはクローザーとして12試合に登板し、被安打わずか2、防御率0.00で9セーブをマーク。8月31日時点でファルケンボーグ(福岡ソフトバンク)に並ぶ31試合連続無失点の外国人最長記録(9月2日に失点して32試合でストップ)に並ぶ完璧な内容だった。巨人の投手では2021年3、4月度の髙橋優貴以来、外国人投手では2017年8月度のマイルズ・マイコラス以来の受賞となった。

鈴木誠也も意外に初受賞。全27試合に出場し、リーグトップとなる打率.333、9本塁打、27打点の打撃3冠(本塁打はトップタイ)をマークした。特に8月26日の巨人戦からの5試合では、14打数7安打4本塁打10打点と固め打ちし、7、8月のチーム勝ち越し(14勝12敗1分)に大きく貢献した。広島の打者では2021年3、4月度の菊池涼介に続いての受賞となった。

山本由伸は連続受賞、藤原恭大は3年目で嬉しい初受賞

山本由伸は6月度に続き3度目の受賞。4試合に先発して4勝、リーグトップの防御率0.84、リーグ2位タイの32奪三振をマークした。5月28日のヤクルト戦から続く自身の連勝を8まで伸ばし、チームの首位快走の原動力となった。投手では2019年の千賀滉大(ソフトバンク)以来の連続受賞となった。

初受賞の藤原は7、8月度全24試合に出場し、リーグトップの18得点、32安打、9二塁打、58塁打、5盗塁、長打率.630をマークした(盗塁はトップタイ)。5本塁打、打率.348、出塁率.439もリーグ2位と各部門で好成績。大阪桐蔭高からドラフト1位で入団して3年目で嬉しい初受賞となった。

【関連記事】
・村田修一、丸佳浩ら他球団の大物打者を獲得してきた巨人の歴史後編
・巨人の年度別最多セーブと歴代クローザーランキング、ビエイラに期待大
・歴代投手4冠達成者は?オリックス山本由伸が3部門トップ