シャフリヤール・ステラヴェローチェの2強

9月26日(日)、中京競馬場で菊花賞トライアル・神戸新聞杯(GⅡ・芝2200m)が行われる。ダービー馬シャフリヤール、皐月賞・ダービーでともに3着に入ったステラヴェローチェ、GⅡウィナーのレッドジェネシス・ワンダフルタウンなど春の実績馬が顔を揃える一戦となった。果たしてSPAIA予想陣の見解はどうなったのか見ていこう。

本命3人、対抗1人と最も評価が高かったのはやはりシャフリヤール。本命とした京都大学競馬研究会は、近年の神戸新聞杯でダービー馬が全く崩れていないこと、毎日杯のパフォーマンスなどから、1着候補としての信頼感は揺るがないと高く評価している。

2番手評価は本命1人、対抗3人だったステラヴェローチェ。馬場/展開バイアス予想の坂上明大氏が本命に推奨。春二冠のパフォーマンスから感じた成長力に注目し、夏を越してのパワーアップに期待すると述べた。

その他、3番手に評価されているのはワンダフルタウン、レッドジェネシス、セファーラジエル。堅めの決着が予想されるために、いかに点数を絞り切れるかがキモとなりそうだ。


2021年神戸新聞杯予想まとめ,ⒸSPAIA


AI予想エンジンKAIBA
◎シャフリヤール
◯ステラヴェローチェ
▲レッドジェネシス
△キングストンボーイ
×モンテディオ

京都大学競馬研究会
◎シャフリヤール
◯ステラヴェローチェ
▲ワンダフルタウン

坂上明大(展開/馬場バイアス)
◎ステラヴェローチェ
◯シャフリヤール
▲セファーラジエル

編集部競馬班
◎シャフリヤール
◯ステラヴェローチェ
▲ワンダフルタウン
△レッドジェネシス



《関連記事》
・【神戸新聞杯】前走ダービー組が圧倒的! シャフリヤールとステラヴェローチェの1点でよし?
・【オールカマー】ハイブリッド式消去法で残るは最大5頭! レイパパレとのダブル本命候補は?
・【神戸新聞杯】シャフリヤールは本当に堅いのか? 「クラシックホースの明け初戦」を分析