ウインキートスはオールカマーでも好走

今年は阪神競馬場を舞台に争われる京都大賞典(GⅡ・芝2400m)。春のGⅠで活躍した超一線級の参戦はなく、やや小粒なメンバー構成となった印象はあるが、昨年の菊花賞2着馬アリストテレスや目黒記念2着から臨むヒートオンビートなどが出走する。果たしてSPAIA予想陣4人の見解はどうなったのだろうか。

本命2人、対抗1人、単穴1人と最も高い評価だったのは4歳馬ヒートオンビート。京都大学競馬研究会は前走の目黒記念について、超スローペースで中団から前を捉えるのは事実上不可能なレースだったと分析。初の重賞挑戦と長距離輸送がありながら、勝ち馬ウインキートスより3kg重い斤量を背負って2着の内容を評価している。また、そのウインキートスがオールカマーでも2着となったのを物差しにすれば、ここでも能力は通用するとの見解だ。

その他では本命1人、対抗1人、押さえ1人の評価だったアイアンバローズも4人中3人から名前があがった。昇級戦での重賞挑戦で相手もさらに強くなるが、2走前の白鷺特別で後続に0.9秒差をつけて強いレースを見せた舞台に戻ってどれくらいやれるのか、注目が集まる。

2021年京都大賞典予想印,ⒸSPAIA


AI予想エンジンKAIBA
◎アリストテレス
◯アイアンバローズ
▲ヒートオンビート
△キセキ
×ヒュミドール

京都大学競馬研究会
◎ヒートオンビート
◯ステイフーリッシュ
▲キセキ
△ディアマンミノル
×アイアンバローズ
☆ムイトオブリガード

三木俊幸(馬場適性)
◎アイアンバローズ
◯ヒートオンビート
▲アリストテレス
△キセキ
×ステイフーリッシュ

坂上明大(馬場/展開バイアス)
◎ヒートオンビート
◯ヒュミドール
▲キセキ
△アリストテレス
☆マカヒキ


《関連記事》
・【毎日王冠】安田記念からの連勝はなし!単狙いはシュネルマイスター 当日まで覚えておきたいデータとは
・【京都大賞典】阪神芝2400mはタフな流れに強い馬を狙え! コース傾向から浮上する馬とは
・【京都大賞典】前走の内容を高評価 京大競馬研はヒートオンビート本命に自信あり