桜花賞、オークスはともに5着

10月17日(日)に行われるのは牝馬三冠レースの最終戦、秋華賞(GⅠ・芝2000m)。桜花賞馬で古馬の一戦級相手に札幌記念を勝利したソダシに大きな注目が集まっているが、AI予想エンジンKAIBAはこのレースをどう見ているのだろうか。

本命はアールドヴィーヴル。今年は例年とは異なり阪神競馬場が舞台となるが、過去3年の阪神芝2000mではキングカメハメハ産駒が勝率17.9%、複勝率41.8%と強く、母父ディープインパクトも勝率12.5%、複勝率43.8%と結果を残している。

この2つが重なる「父キングカメハメハ×母父ディープインパクト」という血統は、勝率25.0%、連対率62.5%、複勝率75.0%と文句なしの成績。アールドヴィーヴルはこれに合致しており、阪神開催は歓迎だと言っていい。

春は桜花賞、オークスともに5着。健闘していたものの、あと一歩届かずという結果に終わった。ラスト1冠、その悔しさを晴らすための舞台は整ったと言えるだろう。

AI予想エンジンKAIBA
◎アールドヴィーヴル
◯ソダシ
▲サルファーコスモス
△アカイトリノムスメ
×ユーバーレーベン

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。


《関連記事》
・【秋華賞】やっぱりソダシは揺るがない! 今年も馬券妙味は非トライアル組にあり!
・【秋華賞】阪神芝2000mでスピードの持続力が重要な一戦に 参考レース分析からの注目馬は?
・【秋華賞】両雄、並び立たず? 5度目の直接対決を制するのはオークス馬ユーバーレーベン!