ステラヴェローチェは全員が上位評価

10月24日(日)に行われるクラシック最終戦・菊花賞(GⅠ・芝3000m)。今年はゴール前に急坂のある阪神競馬場が舞台となるタフなコース設定、加えてGⅠ馬不在で混戦の様相を呈している。果たしてSPAIA予想陣5人の見解はどうなったのだろうか。

皐月賞、日本ダービー3着のステラヴェローチェは本命こそ1人のみだったが、対抗2人、単穴2人と5人いずれもが上位評価。春はクラシック2戦どちらも後方からのレースだった点や外枠を不安視する意見もあるが、実績を考えればここでは格上だ。

これに対して、東大ホースメンクラブと馬場適性から予想する三木俊幸氏の2人が本命としたのはレッドジェネシス。東大ホースメンクラブは神戸新聞杯でステラヴェローチェとタイム差の2着となったレースを評価するとともに、ゆきやなぎ賞を圧勝した阪神コースへの適性、積極的なレースをする川田将雅騎手の手腕にも期待するとのこと。

その他、春は不出走ながらセントライト記念3着から挑むオーソクレースも本命1人、対抗1人と高評価、穴馬としてはディープモンスターやヴェローチェオロの名前もあがっている。いずれにせよ各予想陣とも手広く印を回しており、それだけ難解な一戦だということなのだろう。

菊花賞予想印


AI予想エンジンKAIBA
◎ステラヴェローチェ
◯オーソクレース
▲エアサージュ
△レッドジェネシス
×アリーヴォ

東大ホースメンクラブ
◎レッドジェネシス
◯ステラヴェローチェ
▲ヴィクティファルス
△オーソクレース
×モンテディオ
×アサマノイタズラ
☆ディープモンスター

京都大学競馬研究会
◎ヴァイスメテオール
◯アサマノイタズラ
▲ステラヴェローチェ
△レッドジェネシス
×タイトルホルダー

三木俊幸(馬場適性)
◎レッドジェネシス
◯ステラヴェローチェ
▲ヴィクティファルス
△タイトルホルダー
×オーソクレース
☆ヴェローチェオロ

坂上明大(馬場/展開バイアス)
◎オーソクレース
◯タイトルホルダー
▲ステラヴェローチェ
△レッドジェネシス
×アサマノイタズラ
×ディープモンスター
×ヴァイスメテオール
×グラティアス


《関連記事》
・【菊花賞】馬場不問のステラヴェローチェ中心もヒモで狙ってみたい伏兵とは
・【菊花賞】混戦模様もタイトルホルダーの持久力を支持 参考レース分析からの注目馬は?
・【菊花賞】ハイブリッド式消去法でオーソクレースは消し!軸はステラヴェローチェを素直に信頼も、面白いのは夏の上がり馬