5日深夜1時25分からカンテレで放送

オリックスの25年ぶりのリーグ優勝を記念して、11月5日(金)深夜1時25分からカンテレ(関西ローカル)で「祝!オリックス優勝ウ〜ワオ!パ・リーグ党芸人座談会」が放送される。

今年で14年目を迎えるマニアックなパ・リーグネタをお届けする不定期放送の「パ・リーグ党芸人座談会」。今回の収録場所はオリックスの本拠地・京セラドーム大阪だ。オリックス関係者が番組の大ファンで、特別に借りることができたという。

芸能界きってのオリックスファン岡田圭右(ますだおかだ)を、「パ・リーグ党芸人」のメンバー、森脇健児、岩本勉(元日本ハム)、ちゃらんぽらん冨好、かみじょうたけし、藤原光博(リットン調査団)が祝福。

涙を呑み続けてきたオリックスの25年を事件とともに振り返る「愛と涙と歓喜と苦悩の25年…オリックス事件簿」や、岡田が個性豊かな助っ人外国人に関するの爆笑トークを展開する「オリックス助っ人事件簿」、さらにアダム・ジョーンズに岡田が直撃取材するなど盛りだくさんの60分だ。

「パ・リーグ愛に満ち溢れた番組」

収録後、岡田は「素晴らしい、京セラドーム大阪からお送りできて。こんな素晴らしい舞台、こんな華々しい特別スペシャルなんですけど、根の部分は今まで(番組で)やってきたことと全く変わらないので。結局は、(パ・リーグ党芸人)みんなが面白がっているんですよね。なんかそれが、今回特別版ってことでね、オリックスが優勝したというのでね、みんな特別的なこと言いながらやっていますが、全然普段通り14年間やってきたパ・リーグ愛に満ち溢れた番組になってると思います」と感想を述べた。

リーグ優勝をどの辺で意識したのかの質問には「うーん優勝するかもか〜、優勝するかも…は、なかったね。いやほんまそう!ほんま、優勝ってことに対してほぼ経験ないことやから。25年間、まあ忘れてきた感覚なので。優勝するかもって感覚がなかった。だから優勝して、今週でもずっとみんなにおめでとう、おめでとうって言われるけど『優勝?え?』みたいな。だからほんとLINEでも、メールでも、M-1優勝した時よりもすごいもん!M-1の優勝よりも、今回オリックス優勝の方が“おめでとうメッセージ”がごっつ多いもん!」と振り返った。

MVPをあげたいオリックス関係者を尋ねると即答で「中嶋聡監督!間違いない!これは間違いない。打順オーダー見ても、本当にファンがドキドキワクワクするスタメンやし、ピッチャーも3連投させないやりくりもしてるし、中嶋監督は全てを考えて、育てて勝つという一番難しいことを成し遂げた。選手も育ったけど、チームが育ったってのがデカい!ずっと下位で来ているから負け癖がついているとか、そういうのがなくなってチームとして育った、そういう部分で中嶋監督以外にMVPはないね」と絶賛した。

最後に番組の見どころを聞くと、「長年パ・リーグを愛してるおっちゃんたちが、キャッキャキャッキャはしゃいでますんで。共感されるオールドファンもおれば、若いパリーグファンの方は『おっちゃん、何えらい古い話で盛り上がってるな〜』とか、『そんなところで盛り上がる!?』とか、独特な空気感ですからね。そこは変わらずでお送りしておりますので。京セラドームでやっておりますので多少テンションが上がってる部分はありますけど見ていただけたらと思います!」とアピールした。

【関連記事】
・「10.19」から33年、交錯した近鉄とオリックスがようやく1つになる日
・ロッテ佐々木朗希とオリックス宮城大弥のライバル物語プロローグ
・ロッテがリーグ優勝を逃した4つの要因