秋の牝馬決戦

2021年11月14日に阪神競馬場で行われるエリザベス女王杯。クロノジェネシスやラヴズオンリーユーこそいないが、国内路線を選んだ強豪牝馬たちによって争われるGⅠ競走だ。データを見ながら、SPAIA編集部が予想する。

ルメール騎手が騎乗予定のレイパパレに、秋華賞馬アカイトリノムスメ、オールカマー勝ち馬ウインマリリンなどが上位人気に想定される。昨年に続いて阪神内回りでの開催となる今年、軸として信頼できる馬はどれなのか検討していく。



【エリザベス女王杯 2021予想】レイパパレかアカイトリノムスメか 今年も阪神開催、注意したいデータとは?(SPAIA編)