奥川に続き若手左腕で連勝なるか

ヤクルトの高橋奎二と巨人の菅野智之インフォグラフィック


昨日から始まったヤクルト(リーグ1位)と巨人(同3位)のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦(神宮)は、ヤクルトが4-0で先勝。先発の奥川恭伸がわずか98球、無四球でCS史上最年少での完封勝利を飾った。これでチームは1勝のアドバンテージを加えて2勝とし、日本シリーズ進出に大きく前進した。

今日2戦目の先発は高橋奎二。今季飛躍を遂げた24歳のサウスポーは平均147.3キロの速球を軸に、チェンジアップ、スライダーで空振りを奪うのが持ち味だ。

今季は14試合に登板(先発は13試合)して4勝1敗、防御率2.87の好成績を残し、この大一番のマウンドを任されるまでに成長。ただ、シーズン最終登板となった1日の広島戦では、4回83球5安打5失点とピリッとしない投球だった。

巨人戦には今季3試合先発して0勝1敗、防御率4.24と苦戦。だが、9月1日の菅野智之との対決では黒星を喫したものの、7回2失点の力投を見せている。巨人打線の中では、坂本勇人に.333(6打数2安打1本塁打)丸佳浩に.400(5打数2安打2本塁打)と相性が悪かった。この中軸2人をいかに抑えるかが、好投のカギを握りそうだ。

本拠地・神宮では4試合に先発して防御率2.74と相性の良さを見せている。今宵も大勢のファンの“声燕”を背に、持ち前のパワフルな投球で巨人打線をねじ伏せたい。

エース菅野智之が中4日で先発

初戦を落とした巨人の先発は菅野智之。今季は19試合に登板し6勝7敗、防御率3.19と、エースとしては不本意な成績に終わった。だが、CSファーストステージでは、初戦に先発して7回2安打無失点と貫禄の投球。チームのファーストステージ突破に大きく貢献した。そこから中4日での登板となる。

今季ヤクルト相手には、4試合に先発して2勝0敗、防御率0.39と相性は抜群だ。被打率はわずか.068(73打数5安打)で、長打も村上宗隆とサンタナにそれぞれ1本ずつ二塁打を許すのみと、ほぼ完璧にヤクルト打線を封じている。

また、2018年のクライマックスシリーズでは、NPBのポストシーズン史上初となるノーヒットノーランも達成している。この絶対的な相性を誇るエースが今宵もツバメ打線を沈黙させるのか。逆転での日本シリーズ進出へ、チームに勢いをもたらす投球が期待される。

パ・リーグの先発は以下の通り。

オリックス・田嶋大樹−ロッテ・美馬学(京セラドーム大阪)

【関連記事】
・プロ野球AI勝敗予想
・坂本勇人の弱点がバレてる?巨人の日本シリーズ進出へのネック
・6年ぶりリーグ優勝の高津ヤクルト データから見えた2015年からの変化