37セーブ、防御率0.86の栗林は2項目で「5」

2021年のプロ野球界は新人選手の活躍が目立った。タイトル争いにからんだ、あるいは獲得した選手もおり、大豊作の1年だったと言えるだろう。そこで球団ごとに一軍出場したルーキーの通信簿を作成してみた。4位に終わった広島を見ていこう。

投手の新人で一軍出場を果たしたのはトヨタ自動車から1位で入団した栗林良吏、天理大から2位で入団した森浦大輔、八戸学院大から3位で入団した大道温貴、智弁和歌山高から4位で入団した小林樹斗の4人。「球威」「制球力」「奪三振」「総合」の4項目を5段階評価した。

球威はリーグの平均球速、制球力は同BB%(対戦打者に占める与四球の割合)、奪三振は同K%(対戦打者に占める奪三振の割合)、総合は同FIP(投手の責任である被本塁打、与四死球数、奪三振数のみで投手の能力を評価した指標)から算定した。

ルーキーだけの相対評価ではなく、リーグ平均と比較したものなので低い評価になることが多いが、それでも優秀な「成績」を収めた選手は少なくない。

広島のルーキー通信簿インフォグラフィック


栗林は開幕からクローザーを務め、ストレートとフォークを武器に22試合連続無失点と新人記録を更新。その後も安定感抜群のリリーフを見せ、53試合登板で37セーブ(0勝1敗)、防御率0.86と文句のない成績で新人王に輝いた。

K%はリーグトップの40.3、52.1回で81三振を奪い、奪三振は最高評価の「5」。FIPは1.63で総合も「5」となった。ストレートは平均149.1キロで球威は「4」。BB%は13.9で制球力は「2」だったが、1点もやれない場面でやむを得ない四球もある。何より防御率が0点台、敗戦が1つしかない点は特筆すべき成績だ。

森浦大輔は54試合、大道温貴は24試合登板、小林樹斗はほろ苦デビュー

森浦はチーム最多の54試合に登板して3勝3敗17ホールド、防御率3.17。中継ぎ左腕としてフル回転した。ストレートは平均143.5キロで球威は「3」。奪三振と総合も「3」と飛び抜けた項目はないが、1年目としては上々の成績だろう。

大道は24試合登板で4勝4敗3ホールド、防御率4.75。先発でも7試合に登板するなど与えられた場所でチームに貢献した。ストレートは平均144キロで球威は「3」がついたが、その他の3項目は「2」。今後の成長が期待される。

小林は高卒1年目の18歳だが、10月のみやざきフェニックスリーグで3試合19回を投げて防御率2.37と結果を残し、11月1日のヤクルト戦で先発に抜擢された。3.2回で6安打6失点とほろ苦い一軍デビューとなったものの、6三振を奪って大器の片鱗を見せた。

その1試合での評価のため、あくまで参考程度ではあるが、奪三振は「5」の最高評価。FIPは1.29で総合は「4」、ストレートの平均は145.4キロで球威も「3」となった。まだまだ粗削りではあるが、前途洋々と言えるだろう。

広島は2020年のドラフト1位から5位が全員投手で、そのうち4人が1年目から一軍出場。リーグ3連覇以降は3年連続Bクラスに低迷しているが、若い芽は着実に育っている。

二軍で経験積んだ矢野雅哉

野手で一軍出場を果たしたのは亜細亜大から6位で入団した矢野雅哉のみ。それぞれ「パワー」「選球眼」「走力」「貢献度」の4項目を5段階評価した。

パワーはリーグの平均ISO(長打力を示す指標)、選球眼は同BB%(打席数に占める四球の割合)、走力は同spd(走力を示す指標)、貢献度は同wRC(特定の打者が生み出した得点を示す指標)から算定している。

一軍では13試合出場で6打数無安打3三振とプロの壁にぶつかったが、二軍では69試合に出場して打率.208、出塁率.310、9盗塁と実戦経験を積んだ。

3項目は「1」だったが、走力は「3」評価。来季も俊足強肩をアピールし、出場機会を増やしたい。

【関連記事】
・【ルーキー通信簿】巨人期待のドラ1平内龍太は登板3試合のみ、来季の逆襲に期待
・【ルーキー通信簿】阪神は佐藤輝明、中野拓夢、伊藤将司らが活躍
・【新助っ人通信簿】広島の165キロ右腕コルニエルは球威と奪三振が最高評価