プロ23年間でのベストボール、イチロー氏との秘話など赤裸々に

今季限りで現役を引退した松坂大輔氏(41)が来年1月3日午前8時40分から放送されるカンテレ「松坂大輔 甲子園に愛された平成の怪物 松坂世代・藤川球児が迫る野球人生」(関西ローカル)の収録で引退後初めて甲子園球場を訪れた。

1998年夏の甲子園、横浜高のエースとしてPL学園戦で投げ抜いた延長17回、250球が伝説の始まりだった。6点差を逆転した明徳義塾戦、決勝でノーヒットノーランを演じた京都成章戦、そして中日時代の2018年9月13日、阪神相手に挙げた日米通算170勝目、つまりプロ人生最後の勝利も甲子園だった。

ナビゲーターを務めた藤川球児氏との対談ではプロ23年間でのベストボールからイチロー氏との秘話、満身創痍の体で引退試合に登板した理由まで激白。最後はマウンドに立ち、ラストピッチングで締めくくる。

松坂氏は「まさか最後に甲子園のマウンドを使って投げさせてもらえるとは思っていなかったです。最高でした」と心境を語り、「現役の時、関西に来ると非常に面白いヤジが聞けるのでいつも楽しみにしていました。関西に来るのは非常に楽しみでしたね。そして、こうして皆さんに最後甲子園のマウンドに立たせてもらう機会をいただけたことを本当に感謝しています」と収録を振り返った。

ナレーターは、松坂の横浜高校野球部の1学年先輩で捕手としてバッテリーを組み、現在は俳優・タレント・ミュージシャンとして活躍する上地雄輔さんが務める。

藤川球児とキャッチボールする松坂大輔

Ⓒカンテレ


【関連記事】
・打者転向を本気で考えていた松坂大輔、もし「二刀流」の選択肢があったら…
・燃え尽きるまで戦い抜いた松坂大輔の本心、きっかけはイチローだった
・松坂大輔に3球団競合した1998年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?