2着争いは大混戦

1月5日(水)、2022年の競馬開催がスタート。中山競馬場では中山金杯(GⅢ・芝2000m)、中京競馬場では京都金杯(GⅢ・芝1600m)が行われた。AI予想エンジンKAIBAはこれらのレースを的中させ、スタートダッシュを決めることができたのだろうか。

中山金杯でAIが本命に推奨したのはレッドガラン。過去10年で3勝の「社台F生産」、率では美浦所属を上回る成績を残している「栗東所属騎手騎乗」というデータに期待してのものだった。

まずまずのスタートを切ったレッドガランは、好位5番手のポジションからレースを進める。逃げたシャムロックヒルは1〜2角でペースを落として落ち着かせ、前半1000mの通過は1:02.0。

しかしこのペースに耐えきれず、後方にいたジェットモーションが捲って先頭へと並びかけていったことで一気にペースアップし3角へ。レッドガランは6番手へとポジションを下げるが、鞍上の斎藤新騎手は内でじっと脚を溜めていた。

直線では外へと持ち出され、残り100mで先頭へと立つとそのまま押し切り、2馬身半差をつけて重賞初制覇。明け7歳にして見事に素質を開花させた。

2022年中山金杯を勝利したレッドガラン

2着争いは7頭が横並びの大混戦。その争いをクビ差制したスカーフェイスが2着、3着は1番人気のヒートオンビートで決着し、予想は◎×○で3連単75,640円が的中した。

2022年中山金杯を勝利したレッドガラン

直線で伸びを欠き12着

勢いそのままに的中を狙った京都金杯の本命はヴィジュネル。「4歳」「斤量減」「母父サンデーサイレンス」というデータに加え、過去3年の中京芝1600mで抜けて好成績を残していた「1枠」にも期待しての推奨だった。

バスラットレオンとサトノフェイバーの逃げ争いが激しくなり、前半800mの通過は46.1と流れる展開。そうした中でヴィジュネルは4番手からレースを進めたが、直線に向いてからは伸びを欠き、残念ながら12着に敗れるという結果だった。

勝利したのは道中12番手を追走、ロスなく馬群を割って突き抜けたザダル。57.5kgというハンデを背負っていたが、松山弘平騎手の好騎乗が光った。

接戦の2着争いはこちらもハンデ57.5kg、4角2番手というポジションだったダイワキャグニーが制し、好位から立ち回ったカイザーミノルが3着。7番人気→11番人気→2番人気の決着となったが、このレースは予想的中とはならなかった。



《関連記事》
・【シンザン記念】狙いは前走マイル好走のカワキタレブリー、ソリタリオら 穴ならアールチャレンジ
・【フェアリーS】「前走1600m組」から好走馬厳選 全馬1勝馬で波乱の予感大 
・【フェアリーS】「キャリア2戦以下」「前走東京マイル」が吉! 素質馬エリカヴィータが決める