球史に残るクローザー

デニス・サファテは、2011年に米大リーグ・オリオールズから広島に入団。西武を経て、14年にソフトバンクへ移籍した。その後は絶対的守護神としての地位を確立し、3度のセーブ王を獲得。17年にはプロ野球新記録となるシーズン54セーブを記録し、パ・リーグMVPに輝いた。

しかし、翌年に右股関節の手術を受けてからは公式戦復帰を果たせず。常勝軍団を支えた「キング・オブ・クローザー」が、21年シーズン限りでユニホームを脱ぐ決断をした。

歴代NPB外国人投手:通算セーブランキング,ⒸSPAIA


ソフトバンクに加入してからは驚異的なペースでセーブを積み上げたサファテ。2017年には歴代の外国人投手では史上初となる通算200セーブを達成した。自慢の剛速球を武器に数々の記録を打ち立て、球史に残るクローザーとなった。

通算成績:427試合 234セーブ 574奪三振

■プロフィール
11年目 40歳 投手
アリゾナ州立大−ブルワーズ−アストロズ−オリオールズ−3Aノーフォーク−広島−西武−ソフトバンク

■主な獲得タイトル
最多セーブ投手(15〜17年)、最優秀選手(17年)

■通算成績
427試合 27勝 20敗 48ホールド 234セーブ 435回1/3 574奪三振 防御率1.57

【関連記事】
・ソフトバンクの2022「年男」津森宥紀はFA移籍の又吉克樹に闘志
・嘉弥真新也、岩崎優、高梨雄平…中継ぎで輝く「無冠の鉄腕」たち
・パ・リーグの明暗を分けた「2番打者」 比較してみえてきたその重要性