3角から早め進出も

1月23日(日)中山競馬場ではAJCC(GⅡ・芝2200m)、中京競馬場では東海S(GⅡ・ダート1800m)が行われた。AI予想エンジンKAIBAはこれら2重賞を的中させることはできたのだろうか。

AJCCで本命に推奨したのはオーソクレース。昨年ワンツーの「前走菊花賞組」、3年連続連対中の「ルメール騎手」騎乗と勢いのあるデータに期待した予想だった。

スタートしてややバランスを崩しかけたオーソクレースだったが、すぐさま立て直して6番手の外目からレースを進める。

逃げたのは船橋から参戦したキャッスルトップ。前半1000mの通過は1:01.2と決して速くはなかったが、3角手前で2番手にいたダンビュライトが徐々に差を詰めていったことで、先行集団も一団となって動いていった。

そうした中でオーソクレースは3角で3番手まで進出。直線に向いたところでは早くも先頭に並びかけたが、最後は伸びを欠き6着に敗れた。

イメージ画像,ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)


ゴール前で豪快に大外から差し切ったのは、道中後方2番手からレースを進めたキングオブコージ。長期休養明けの近2戦は結果が伴わなかったが、叩き3戦目で久々の重賞制覇を飾った。

2着も同じく道中は後方待機だったマイネルファンロンが入った。ボッケリーニは先行するも3角で各馬が動いたところでじっと我慢、直線では最内から伸びてアサマノイタズラとの3着争いを制し、3連単は72万馬券となった。

ゴール前で一気に差し切る

フェブラリーSの前哨戦でもある東海SでAIが本命に推奨したのは、中京ダート1800mを得意とする松山弘平騎手騎乗のデュードヴァン。中京開催だった過去8回で5歳の関西馬が5勝と最も相性が良い点も後押しとなった。

午後に入ってから雨が降り出し、良馬場ながらダートが黒ずんで水分を含んだ中でスタートが切られた。

予想通りアイオライトが逃げる形となったが、そこにイッツクールが競りかけていき、縦長の隊列となったがデュードヴァンは4番手からレースを進める。直線では外に持ち出して追い上げを図ったものの、9着に終わった。

今回はこれまでと違いハイペースで先行する形となったことや、転厩初戦だったことも少なからず影響したと考えられる。次走で変わり身を見せてくれることを期待したい。

勝利したのは、中団よりやや後方でレースを進めていたスワーヴアラミス。直線で大外に進路を取るとジワジワと伸び、ゴール前では先行し押し切りを図ったオーヴェルニュを一気に捉えて差し切り、重賞3勝目をあげた。3着にはブルベアイリーデが入り、7番人気→1番人気→3番人気で決着した。

《関連記事》
・【根岸S】主役は7歳ソリストサンダー! 前走OP組5歳勢の大駆けに注意
・【シルクロードS】狙いは「スピード型」より「パワー型」  穴はシャインガーネット、エーポス
・3連単の最高額は2073万8890円 2021年中央競馬の高額配当ランキング