1970年代には外国人選手のロペスをトレードで獲得

ヤクルトはパ・リーグの球団と積極的にトレードを行ってきた。現在チームに所属している選手では太田賢吾と高梨裕稔(ともに前日本ハム)がその最たる例だろう。その他にも近藤一樹(前オリックス)や今浪隆博(前日本ハム)に山中浩史(前ソフトバンク)らが戦力としてチームを支えたことは記憶に新しい。

また首脳陣を見ると出戻りではあるが宮出隆自二軍打撃コーチ(前楽天)や小野寺力二軍投手コーチ(前西武)もパ・リーグとのトレードを経てチームに加入した。

このようにパ・リーグの複数球団の在籍者が多くいることがわかるが、ロッテとのトレードで加わった選手や首脳陣が近年は見当たらない。しかしヤクルトとロッテの間にトレードがなかったわけではない。

ヤクルトとロッテの主なトレード,ⒸSPAIA


1972年には2年連続で30試合以上に登板していた外山義明を交換相手とし、アルト・ロペスを獲得した。ロペスはロッテ(前身含む)で4年連続打率.280、20本塁打以上を記録していた中距離打者。しかし移籍初年度は14本塁打、その翌年も11本塁打にとどまり、ロッテ時代と同様の結果を残すことはできなかった。

一方の外山はヤクルト時代に2年連続30試合以上に登板していたが、ロッテではわずか4試合の登板で未勝利に終わり、翌年には南海へと移籍している。両チームともトレードで獲得した選手が期待値に届かなかった事例となった。

ギャオス内藤とのトレードで加入した青柳は代打の切り札に

1983年には西井哲生(ヤクルト→ロッテ)と倉持明(ロッテ→ヤクルト)のトレードが成立した。ロッテ時代の倉持は中継ぎとして活躍し、1979年から3年連続で30試合以上に登板。1980年にはリーグ最多の18セーブを挙げていたが、1982年はわずか9試合の登板にとどまっていた。

ヤクルト移籍後は17試合に登板するも0勝3敗でセーブは1つもなく、防御率4.73の成績に終わっている。ちなみにヤクルトは1970年のドラフトで倉持(当時日本鋼管)を指名(入団拒否)しており、13年越しの獲得だった。

西井はヤクルトで13年連続20試合以上に登板していた右腕。ロッテに移籍後も中継ぎとして活躍。4年の在籍で112試合に登板し9勝7敗11セーブの成績を残している。このトレードではロッテに分があった。

1995年には内藤尚行(ヤクルト→ロッテ)と青柳進(ロッテ→ヤクルト)がトレードされている。

ギャオスの愛称で親しまれた内藤は先発、中継ぎの両役割でチームに貢献。ヤクルト時代には2度の2桁勝利を記録し、2桁セーブも達成していた。ロッテでは1年半と短い在籍期間ではあったが、13試合に登板し3勝を挙げた。1996年シーズン途中に中日へ移籍している。

青柳はロッテでは併用されながら控え捕手として、4年連続50試合以上に出場していた。しかし移籍後は絶対的な捕手・古田敦也の存在もあり、出番を大きく減らす。それでも代打の切り札として活躍。1999年には代打打率.324(34打数11安打)、2本塁打、17打点の成績を残した。

2013年の捕手同士のトレードが最後

2004年シーズン途中には前田浩継がヤクルトからロッテへ、丸山泰嗣と田中充のふたりがロッテからヤクルトへと移籍している。前田は2001年に28試合の登板で規定投球回に到達。7勝を挙げ優勝に貢献した左腕だったが、ロッテでは1試合も登板することなく2005年に現役を退いた。

田中は移籍同年に防御率5点台ながら38試合に中継ぎとして登板。しかし翌年以降は目立った活躍がなく2007年にユニフォームを脱いだ。丸山は移籍してから2007年に引退するまで一度も一軍出場はなかった。

2013年の開幕直前には川本良平(ヤクルト→ロッテ)と田中雅彦(ロッテ→ヤクルト)の捕手同士トレードが成立した。ともに正捕手にはなれなかったものの、サブ的な役割として一軍での出場機会を得ている。

川本と田中のトレードを最後に両球団間のトレードは成立していない。だが両球団ともトレード自体は積極的に行っており、タイミングが合えば再びトレードが成立することはありそうだ。

【関連記事】
・プロ野球セ・パ交流戦の通算成績、年度別優勝チームとMVP、パの貯金131
・選手を活かし育てる指導者、ロッテ・井口資仁監督 「3つの野球人生」経て歩む名将への道
・ヤクルト・山田哲人の打撃に変化? 三振増もISOは大幅良化で長打重視のスタイルに