「ふぁい田!ATSUMAプロジェクト」の第4期オーナーを募集

日本ハムは9日、2018年9月の北海道胆振東部地震で被災した厚真町の「田んぼのオーナー」を活用した被災地復興支援活動「ふぁい田!ATSUMAプロジェクト」の第4期オーナーを募集することを発表した。

厚真町の「田んぼのオーナー」は、一般社団法人厚真町観光協会が「胆振管内最大の米どころ」をPRする目的で2007年から幌内地区の水田で実施しているもの。オーナーになった参加者が農家の方のアドバイスを受けながら春の田植え、秋の稲刈りを体験し収穫したお米を受け取れる事業だ。

球団では7区画700㎡を借り受け、「ふぁい田!ATSUMAプロジェクト」を2019年に立ち上げた。今年もグリーンツーリズムの体験を通じて町の復興を後押しする「オーナー」を35組(1組最大5名まで)募集する。

オーナーになると、実際に収穫したお米「ななつぼし」がもらえるほか、厚真の特産品の収獲(ハスカップ狩り)や、ファイターズ選手の折れたバットを使用した箸づくりなどを体験できる。およそ半年間、被災地に足を運び、農村復興を応援しながら子供の食育にも活用できる魅力満載のプロジェクトだ。

5月21日(土)には、昨年限りで現役を引退し今年から株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメントの職員となった谷口雄也とマスコットのB・Bも田植えに参加する予定となっている。

〇今川優馬選手コメント
「札幌での大学時代に北海道胆振東部地震を経験し、停電や断水、食事が思うように取れないなどとても不便な思いをしました。震源に近い厚真町の皆さんの復興への道のりは決して平たんではなかったと思いますし、ファイターズとして協力できることは精一杯していきたいです。合宿所では選手みんなでおいしいお米に育ってくれるよう、苗に水やりを続けています。多くの方のご応募をお待ちしています」

※球団の札幌合宿所では田植えに使う苗の一部を厚真町から移し、選手や合宿所のスタッフが水やりをしている。

プロジェクトの詳細については球団公式ホームページにて。

【関連記事】
・日本ハム今川優馬「新庄イズム」受け継ぐスター候補が赤丸急上昇
・パ・リーグ球団別週間MVP、オリックス吉田正尚が12球団トップ、日本ハム今川優馬も大暴れ
・日本ハムの通算本塁打ランキング、張本勲、中田翔、小笠原道大ら個性派ズラリ