渡辺GM「日本で成功してやろうという強い意志を持っている」

西武と育成契約を結んだジャシエル・ヘレラ投手(24)が20日、オンラインで入団会見を行った。背番号は116。

ベネズエラ出身で198センチ、91キロの長身右腕は「来日前から日本の野球はきちんとした野球で、訓練された選手が多いということを知っていました。日本の文化を凄くリスペクトしています。野球だけでなくカルチャーを学んで立派な人間になりたいと思います」と抱負を語った。

球種は最速97マイル(約156キロ)のストレートに、カーブ、スライダー、シンカー、チェンジアップの5種類。コントロールには自信を持っており、「常にストライクゾーンを攻めるピッチングが持ち味、そして任された試合はチームを勝利に導くことが一番大事」と意気込んだ。

渡辺GMは「先発要員です。ボールが動くし、コントロールがいい。配球でバッターを打ち取っていくタイプ。クイック等も一生懸命な姿勢が見える。何より本人が日本で成功してやろうという強い意志を持っている。野球に限らず文化も学ぼうとしたり、溶け込もうとする気持ちがすごく強い、そういった選手は活躍する可能性がある」と期待を口にした。

【関連記事】
・西武が新外国人ヘレラ投手と育成契約、コロンビア出身24歳 渡辺GM「日本でさらにレベルアップして」
・プロ野球2022年ルーキーの現状、新人王争いは混沌?
・プロ野球セ・パ交流戦の通算成績、年度別優勝チームとMVP、パの貯金131