レースを支配したテーオーケインズ

テーオーケインズはサウジ遠征から帰国初戦も3カ月と十分間隔をとり、万全の仕上げ。59キロを背負い、2着ケイアイパープルに2馬身半差。格の違いを見せつけた。

このあとは帝王賞なら、アンタレスSを勝ったオメガパフュームとの再戦になる。初対決は20年東京大賞典。その後、帝王賞、JBCクラシックと3回。テーオーケインズの1勝2敗。帝王賞連覇でオメガパフュームとの対戦戦績をイーブンにしたい。

帝王賞に向けてという意味では平安Sは重賞ウイナーが複数おり、それなりにメンバーがそろった一戦。舞台は中京ダート1900m。このコースでシリウスSを勝ったサンライズホープがハナをうかがうなか、テーオーケインズは久々でも発馬を決め、内でサンライズホープやダノンファラオをやり過ごす余裕があった。

1コーナーに入る段階でインの3番手。このポジションをとった時点で勝負あり。休み明けでもデキ万全ならば、もはや負ける要素がない。これぞダートのチャンピオンホース。超一流はいつも「負ける要素を消す」競馬ができる。スタートから1コーナーまでの運びは見事だった。

背後にテーオーケインズを背負う形になったサンライズホープは、長距離に強い2番手ダノンファラオがじっくり運び、競りかけてこないとあって飛ばさない。発馬から7.2-10.9-11.3-13.4-12.9。2コーナーから向正面で13秒台に緩めるほど、サンライズホープはじっくり進める。

中団より後ろに構えた組は流れが厳しくなりつつあるものの、やはりテーオーケインズが先行集団にいる以上、無理に動けない。中盤までのゆったりしたペースはテーオーケインズがレースを支配していた証。もしもこの馬が出走していなければ、中団以降の馬たちは動いたはずだ。動くに動けない。チャンピオンはライバルたちを金縛りにかける。

残り800mから3番手ケイアイパープルが意を決し進出開始。ラスト800mは12.5-12.3-11.6-12.3。昨年のチャンピオンズCは同区間12.3-12.2-11.8-12.0だからテーオーケインズにとって余裕だった。ライバルとはまるで違う手応えで先頭に並び、快勝。抜け出して内にモタレはしたものの、これも余裕があったからこそ。盤石の競馬だった。

今後の可能性を感じさせた2、3着馬

2着ケイアイパープルは勝負所で外から早めに動き、テーオーケインズ以外は完封。先に動いて最後までしっかり走ったように1800mより忙しくならない1900、2000mが合う印象。安定した先行脚質でもあり、この先、まだまだ重賞を勝つ機会はある。

3着メイショウハリオはマーチSに続き好走。重賞で安定感が出てきた。中団のイン。馬群の中でも冷静に立ち回り、最後まで伸びた。これまで重賞2勝。もっと強くなりそうで、浜中俊騎手とは手が合う。

4着スマッシングハーツは2走前にこのコースでオープン勝ち。後方から唯一、上位に顔を出したようにコース適性の高さを味方につけての激走。今後は条件替わりがカギを握る。

5着スワーヴアラミスは追っつけどおしで東海Sを勝ったように、ズブいタイプ。今回もずっと松田大作騎手が促しながらの追走。休み明けが響いたものの、それでも5着と充実期。順調に使っていければ、流れ次第でチャンスは回ってくる。

2番人気6着オーヴェルニュは休み明けだった前走アンタレスSと同じくスタートからさほど積極的に行かなかった。昨年レコードVは4コーナー2番手の先行策。行けなくなったのか、行かないのか分からないが、積極策でこそというタイプ。形を見失っている現状を考えると、今後も人気ほど走らない可能性がある。

2022年平安ステークスのレース展開,ⒸSPAIA


ライタープロフィール
勝木 淳
競馬ライター。競馬系出版社勤務を経てフリーに。優駿エッセイ賞2016にて『築地と競馬と』でグランプリ受賞。主に競馬のWEBフリーペーパー&ブログ『ウマフリ』や競馬雑誌『優駿』(中央競馬ピーアール・センター)にて記事を執筆。Yahoo!ニュース個人オーサーを務める。共著『競馬 伝説の名勝負』シリーズ全4作(星海社新書)。

《関連記事》
・【日本ダービー】逆襲のドウデュース! 武豊騎手、日本ダービー6勝目へ
・【目黒記念】マカオンドール中心も昨年出走馬の取捨がポイント 大穴候補は東京巧者トラストケンシン
・【葵S】合言葉は「牝馬」「人気薄」「6月デビュー」 カイカノキセキ中心に手広く