ヴェルトライゼンデは2枠2番

2022年6月4日に中京競馬場で行われる鳴尾記念の枠順が確定した。屈腱炎による1年4か月の休養明け初戦となるヴェルトライゼンデは2枠2番、母が三冠牝馬という良血馬ジェラルディーナは8枠9番に入った。

2022年鳴尾記念の枠順,ⒸSPAIA



過去1年の中京芝2000mでデータを見ると、1〜4枠は連対率23.0%、5〜8枠が同12.9%と明確に内枠有利。ちなみに「少頭数なら関係ない」と思われるかもしれないが、12頭立て以下に限っても7・8枠は勝率3.5%、連対率14.6%と低調であり、やはり減点が必要だ。

1枠1番 パトリック 56.0 松山 弘平
2枠2番 ヴェルトライゼンデ 56.0 D.レーン
3枠3番 サンレイポケット 56.0 鮫島 克駿
4枠4番 キングオブドラゴン 56.0 岩田 望来
5枠5番 ギベオン 56.0 西村 淳也
6枠6番 アドマイヤジャスタ 56.0 吉田 隼人
7枠7番 ショウナンバルディ 56.0 坂井 瑠星
7枠8番 カイザーバローズ 56.0 川田 将雅
8枠9番 ジェラルディーナ 54.0 福永 祐一
8枠10番 ヤシャマル 56.0 松田 大作

《関連記事》
・【安田記念】ドバイ帰りシュネルマイスターに暗雲  ロータスランド、レシステンシアに激走の予感アリ!
・【安田記念】ハイブリッド式消去法で残るのは5頭 イルーシヴパンサー&ファインルージュの東京新聞杯再現に期待
・東大HCが東京芝1600mを徹底検証