ウィルカーソンは3勝、牧は8本塁打25打点

プロ野球の5月度「大樹生命月間MVP賞」が発表され、セ・リーグはアーロン・ウィルカーソン(阪神)と牧秀悟(DeNA)、パ・リーグは上沢直之(日本ハム)と山川穂高(西武)が受賞した。

来日1年目で嬉しい初受賞となったウィルカーソンは、4試合に先発してリーグトップタイの3勝、リーグ2位の防御率1.04をマーク。4試合中3試合でQS(6回以上自責点3以下)を記録する安定した投球を続けた。

阪神の投手部門での受賞は、2021年10、11月度の伊藤将司以来。阪神の外国人先発投手では、2018年3、4月度のランディ・メッセンジャー以来となった。

牧は全22試合に先発出場してリーグトップの25打点、長打率.720、さらにリーグトップタイの8二塁打、同2位の打率.329、同2位の8本塁打と大暴れ。5月4日の中日戦から6日の広島戦まで自身初の3試合連続本塁打を放つなど、4番としての重責を果たした。

DeNAの打者では、自身が受賞した2021年10、11月度以来の受賞となった。

上沢は4勝、山川は9本塁打

上沢はプロ11年目で初受賞。5月は4試合に先発してリーグトップの4勝、防御率0.58の好成績を残した。

14日のソフトバンク戦で8回、21日の西武戦で7回をいずれも無失点投球。27日の巨人戦では2失点(自責点0)で連続無失点はストップしたものの、今季初の完投勝利。登板した全4試合ともに7回以上を投げ、自責点2以下に抑える安定感が光った。

山川は全23試合に先発出場してリーグトップの9本塁打、長打率.692をマーク。しかも本塁打を放った14試合でチームは全勝(5月終了時点)と勝利に貢献した。

本塁打だけでなく、7試合連続安打を含む19試合で安打を放つなど、チャンスメイクでもチームを牽引。2019年3、4月以来6度目の受賞となり、自身の持つチーム最多受賞回数を更新した。

【関連記事】
・岡本和真、村上宗隆、牧秀悟が三つ巴の本塁打王争い、共通する弱点とは?
・青柳晃洋が貫く謙虚さと我慢強さ、軟式野球部の3番手から阪神のエースへ
・巨人・桑田真澄コーチの理論と哲学、「最強投手陣」構築へ手腕発揮