勝てば2003年の井川慶、ムーア以来の前半戦10勝

阪神・青柳晃洋と中日・上田洸太朗のインフォグラフィック


阪神・青柳晃洋が15日の中日戦(甲子園)に先発する。ここまで13試合に登板して9勝1敗、防御率1.36とほぼ完璧な成績。勝利数、防御率、勝率はリーグ1位、奪三振数も中日・柳裕也と2個差の2位で、投手4冠も十分狙える位置にいる。

前回8日のヤクルト戦は強力ヤクルト打線を3安打完封。今日勝てば2003年の井川慶、トレイ・ムーア以来19年ぶりとなるオールスター前の10勝到達となる。

中日戦は3試合登板して0勝1敗と意外に勝っていないが、防御率は2.38と決して悪くない。5月6日には、投げ合った大野雄大が延長10回2死までパーフェクトという完璧な投球を見せ、青柳も9回まで無失点ながらサヨナラ負けを喫する悔しい試合もあった。

振り返れば、あの白熱の投手戦が青柳の今季唯一の黒星。今日もよほどのことがない限り、大崩れはないだろう。

2位以下は混戦のセ・リーグ。後半戦で巻き返すためにも前半戦でできるだけ借金を減らしておきたい阪神にとって、青柳で負けるわけにはいかない。

享栄高出身の左腕・上田はプロ初勝利狙う

一方、中日の先発は上田洸太朗。享栄高から2020年育成2位で入団した19歳の左腕だ。

身長184センチ、体重91キロの恵まれた体格。ストレートの平均球速は138.9キロだが球質が重く、コントロールも抜群だ。5月と6月に一軍で2試合に登板しており、0勝2敗、防御率5.63の成績が残っている。

中日で享栄高出身の左腕と言えば、近藤真市氏が思い起こされる。1987年、プロデビューとなった巨人戦でノーヒットノーランを達成したのは今も語り草だ。

上田は偉大なる先達に続く快投でプロ初勝利を挙げることができるか。苦しい戦いを強いられている立浪和義監督を喜ばせるスター候補の誕生が期待される。

その他の試合の予告先発は以下の通り。

【セ・リーグ】
巨人・山﨑伊織−広島・大瀬良大地(東京ドーム)
DeNA・坂本裕哉−ヤクルト・サイスニード(横浜)

【関連記事】
・プロ野球AI勝敗予想
・青柳晃洋が貫く謙虚さと我慢強さ、軟式野球部の3番手から阪神のエースへ
・巨人・戸郷翔征の成長示すデータ、飛び抜けた武器なくても安定感抜群の理由