花巻東、盛岡大付も大勝

第104回全国高等学校野球選手権の地方大会が19日、各地で行われた。

岩手大会では春夏連続の甲子園を目指す花巻東がコールド勝ち。高校通算73本塁打を誇る佐々木麟太郎は、一発こそ出なかったものの4打数2安打1打点の活躍だった。昨夏の代表・盛岡大付も大勝した。

秋田大会では準決勝が行われ、能代松陽と秋田南が21日の決勝に進出。能代松陽が勝てば11年ぶり4回目、2年連続決勝進出の秋田南が勝てば初の甲子園となる。昨夏代表の明桜は敗れ、2年連続出場はならなかった。

群馬大会では今春の関東大会8強の前橋育英と健大高崎が快勝。千葉大会では今春センバツに出場した木更津総合と昨年春夏連続出場した専大松戸がともに勝ち上がり、2005年以来の甲子園を目指す銚子商もコールド勝ちした。

奈良大会ではDeNA三浦大輔監督の母校・高田商が法隆寺国際を下し、広島大会では如水館が高陽東に大勝した。

全国選手権大会は8月6日(土)から甲子園球場で行われる。各地方大会の主な結果は以下の通り。

【南北海道】▽1回戦
苫小牧中央 4-0 とわの森三愛
北照 4-0 札幌創成
▽準々決勝
東海大札幌 3-2 鵡川

【岩手】▽3回戦
花巻東 8-0 一関二
盛岡大付 12-2 大東

【宮城】▽3回戦
仙台育英 12-0 仙台高専名取
東北 不戦勝 東北生文大

【秋田】▽準決勝
能代松陽 9-6 秋田中央
秋田南 6-4 明桜

【山形】▽準々決勝
東海大山形 11-4 創学館

【群馬】▽3回戦
前橋育英 5-1 市太田
健大高崎 9-1 高崎商
樹徳 6-1 高崎商大付

【千葉】▽4回戦
木更津総合 11-0 明聖
東海大浦安 6-2 若松
専大松戸 8-1 千葉英和
千葉敬愛 5-4 東海大市原望洋
銚子商 10-1 千葉商

【東東京】▽3回戦
東京成徳大 5-4 目黒日大

【西東京】▽3回戦
日大鶴ケ丘 6-3 八王子実践
桜美林 7-0 片倉

【山梨】▽3回戦
甲府商 4-1 青洲
日本航空 10-1 甲府一

【奈良】▽3回戦
高田商 7-3 法隆寺国際

【広島】▽3回戦
如水館 11-2 高陽東

【宮崎】▽3回戦
小林西 7-2 日南振徳
都城商 4-1 宮崎商

【関連記事】
・高校野球の球数制限は1週間ではなく1試合にすべき、投げ過ぎ回避へ改革を
・センバツ準優勝右腕・山田陽翔が近江を選んだ理由、決意を胸に最後の夏へ
・川口知哉氏が振り返る「ビッグマウスの真相」母校・龍谷大平安のコーチ就任