出世の糸口を掴むのはどの馬か

アイビスSDはビリーバー、シンシティと牝馬のワンツー決着となった。7歳のビリーバーにとっても、鞍上の杉原誠人騎手にとってもこれが重賞初制覇。このコンビのさらなる飛躍に期待したい。

さて、今週は3歳夏のダート重賞レパードS。古馬との激突を秋に控えた各馬がどのような走りを見せるだろうか。今年は、素質馬として注目されるホウオウルーレット、デビューから4戦3勝のハピ、これまで6戦全て馬券圏内という安定感を誇るヘラルドバローズなど豪華メンバーが集結している。

過去にはホッコータルマエやトランセンド、インカンテーションらを輩出した重要な一戦。ここ5年でも、グリムやサルサディオーネなど交流重賞を賑わせる馬がここで馬券圏内に食い込んでいる。今年の上位組からもそうした重賞を賑わせる存在が登場することだろう。今回はレパードSの歴史を振り返る。

1番人気は大苦戦

レパードS過去5年間の優勝馬,ⒸSPAIA


ここ5年で1番人気馬は1勝。2016年に1番人気ケイティブレイブがグレンツェントにクビ差で敗れて以降1番人気馬が連敗していたが、その流れを昨年メイショウムラクモが断ち切った。2019年デルマルーヴルは2着、2017年エピカリスは3着と馬券に絡んでいるが、2018、2020年は馬券圏外に敗北している。

また、二桁人気馬の活躍も多い。11番人気1着ローズプリンスダムと12番人気2着サルサディオーネで決着した2017年は馬連が953.2倍。ワイドも1、2着の組み合わせは173.6倍、馬単は2518.4倍で25万馬券と、夢のある配当となった。10番人気ハヤヤッコが制した2019年も3着は11番人気トイガー、1番人気が勝利した昨年も2着には10番人気スウィープザボードが食い込んでいる。

牡馬が強いダート3歳戦ではあるが、牝馬もある程度は善戦しているというのも特徴。2020年3着のブランクチェック、2017年2着のサルサディオーネ、2015年3着のタマノブリュネットはいずれも牝馬。GⅢ昇格前の2010年勝ち馬ミラクルレジェンドも牝馬である。

乗り替わりで勝ち切った白毛馬ハヤヤッコ

2019年の勝ち馬ハヤヤッコは、今をときめく白毛馬の一族である。母は2012年関東オークス4着のマシュマロで、現役時代にあげた2勝はいずれもダート。ハヤヤッコはデビューから3戦ほど芝レースを使われ勝ち星をあげていたが、2歳11月からはダート路線に転換する。条件戦で勝利をあげたものの、オープン競走・青竜Sでは8着と惨敗。レパードSでは10番人気という伏兵評価に収まっていた。

それまで3戦連続でコンビを組んでいた武豊騎手は当時2連勝中だったアイスストームと共に小倉記念に参戦していたため、田辺裕信騎手と新コンビを結成したハヤヤッコ。それまであげていた2勝は先行して押し切る競馬だったが、ここでは前半を控え、新潟の長い直線で見事に差し切る競馬を見せたのだった。

その後はダート2100mの、リステッド競走ブラジルCやオープン競走スレイプニルSを制したが、活躍はそれだけにとどまらなかった。今年の日経賞で1253日ぶりに芝レースに出走することになり、5着と好走。しかも上位は勝ち馬タイトルホルダーをはじめ、次走で目黒記念を制したボッケリーニや天皇賞・春で4着のヒートオンビートなど、勢いのある馬たちばかり。そのレベルの高さを証明するかのように、ハヤヤッコ自身も7月の函館記念を勝利した。

札幌記念ではソダシとの白毛馬対決で注目されるハヤヤッコ。3歳でダート重賞を制し、6歳で芝重賞を制した白毛馬は、3歳ダート重賞のレパードSの歴史にも、異色の存在として刻まれることだろう。

芝との相関性にも注目

ハヤヤッコとは逆に、芝GⅠ勝利実績があったものの、ダート重賞のここで復活勝利をあげたのが、2014年優勝馬アジアエクスプレス。デビューから2戦はダートで連勝をあげつつ、年末に朝日杯FSに参戦すると快勝。翌年はスプリングSで2着、皐月賞で6着など芝のクラシック路線で存在感を示した。

ダートに戻って一戦目のユニコーンSでは直線全く伸びず12着に敗れたが、それでもファンは続くレパードSでも1番人気に支持し、アジアエクスプレスは人気に応え見事優勝。その後は勝利をあげられずに引退となったが、芝からダートという、ハヤヤッコの対となる存在と考えてもよいかもしれない。

3歳ダート重賞でありながらも、芝レースとリンクがある不思議な重賞、レパードS。今年は、デビューから10戦連続で芝レースを使われダート転向後に2連勝しているメンアットワーク、ミモザ賞を制して芝のオークスにも出走した関東オークス2着馬ラブパイローなど、芝レースと縁のある馬が参戦を予定している。今年の勝ち馬には果たしてどんなドラマが待っているのだろうか。

ライタープロフィール
緒方きしん
競馬ライター。1990年生まれ、札幌育ち。家族の影響で、物心つく前から毎週末の競馬を楽しみに過ごす日々を送る。2016年に新しい競馬のWEBメディア「ウマフリ」を設立し、馬券だけではない競馬の楽しみ方をサイトで提案している。好きな馬はレオダーバン、スペシャルウィーク、エアグルーヴ、ダイワスカーレット。

《関連記事》
・【レパードS】最有力はタイセイドレフォン 好素材ホウオウルーレットには気になるデータあり
・【エルムS】カギはマリーンS組の取捨! 函館と札幌のダート1700mの違いを分析し見えた傾向とは
・クラブ選びや出資馬選定など一口馬主の始め方をご紹介! 毎月かかる費用などお金事情も詳しく解説