村上宗隆は二冠独走

後半戦が始まったプロ野球。セ・リーグは首位ヤクルトが阪神に2連敗したが、3戦目は主砲・村上宗隆の3打席連続本塁打で逆転勝ちし、3タテを免れた。阪神は前半戦最終戦で勝率5割に戻して勢い付いていたが、5連勝でストップ。「勝利の方程式」を投入しながら悔しい敗戦となった。

一方、3連勝したのは最下位の中日。前半戦は引き離されかけたが、後半戦は巻き返せるか。巨人は新型コロナ感染者が続出して、後半戦はまだ1試合も消化できていない。3連戦の対戦相手DeNAも同様となった。

SPAIAでは7月29日から31日までのwRAAを集計。本塁打数や安打数も含めて打撃面で貢献度の高い選手を「週間MVP」として球団別に紹介する。

wRAAとは、リーグの平均的な打者が同じ打席数の場合と比べてどれだけチームの得点を増やしたかを示す指標。平均的な打者なら0となり、貢献度が高いほど数値は大きく、低ければマイナスになる。wRAAが10なら、その打者が打席に立つことで、平均的な打者より10点増えたと評価できる。

セ・リーグ週間MVPインフォグラフィック


ヤクルトは村上宗隆がwRAA5.0でチームトップだった。3試合で計12打数5安打、4本塁打をマーク。先述の通り、31日の阪神戦では右へ左へ3連発で放り込み、チームを逆転勝ちに導いた。嫌な流れを断ち切る値千金の3発だった。

新型コロナによる離脱者が相次いだ際、「何とかチームを勝たせる打撃をしたい」と責任感をにじませる発言をしていた主砲。セ・リーグ断トツの37本塁打、95打点で二冠を独走しており、有言実行の大活躍を見せている。

阪神・大山悠輔はwRAA2.8、広島・菊池涼介も本領発揮

2勝1敗だった阪神は大山悠輔がチームトップのwRAA2.8をマークした。9打数4安打、1本塁打。29日のヤクルト戦では、21号ソロを含む3打数2安打2打点で勝利に貢献した。10本塁打を放った6月に比べると、7月は打率.267、3本塁打とやや調子を落としているが、近本光司、佐藤輝明と組むクリーンアップの活躍は後半戦のカギを握るだろう。

後半戦3連敗スタートとなった広島は、秋山翔吾がチームトップのwRAA1.0だった。3試合計9打数3安打。前半戦最後の22、23日のヤクルト戦でも2試合計9打数7安打と大暴れしており、メジャー帰りのヒットメーカーがようやく本領を発揮しつつある。

3連勝した中日はダヤン・ビシエドが調子を上げている。3試合計12打数7安打で、wRAAは12球団トップの5.4。29日の広島戦では9号、10号、11号と3本塁打を放ち、5打点を挙げた。前半戦は明るい話題の少なかった中日だが、5位・巨人とは2ゲーム差。後半戦はどこまで巻き返せるか注目だ。

泣いても笑っても残り約2カ月。一刻も早くコロナ禍が収まり、各チームがベストメンバーで真夏の熱い戦いを盛り上げることに期待したい。

【関連記事】
・パ・リーグ球団別週間MVP、西武・山川とオリックス杉本が4番の仕事 ロッテ荻野は3週連続チーム1位
・阪神の歴代監督と最高成績、次期監督候補は?
・巨人の歴代監督と最高成績、「球界の盟主」の伝統受け継ぐ次期監督は?