ブラッティーキッドは3枠4番

2022年8月7日に札幌競馬場で行われるエルムSの枠順が確定した。8連勝中のブラッティーキッドは3枠4番、武豊騎手騎乗のウェルドーンは4枠6番に入った。

2022年エルムSの出馬表,ⒸSPAIA


過去10年のうち、函館で開催された2回を除くデータを見ると、1枠は複勝率0%。2〜5枠はまんべんなく馬券に絡んでおり、特にフルゲートの14頭立てでは2、3枠がともに複勝率50%を誇る。また、外なら8枠が複勝率37.5%。2番人気以内だと【1-1-1-2】と好成績だ。

1枠1番 ロードエクレール 56.0 石川 裕紀人
2枠2番 アイオライト 56.0 菱田 裕二
3枠3番 オメガレインボー 56.0 横山 和生
3枠4番 ブラッティーキッド 56.0 水口 優也
4枠5番 アメリカンシード 56.0 柴山 雄一
4枠6番 ウェルドーン 54.0 武 豊
5枠7番 ヒストリーメイカー 56.0 池添 謙一
5枠8番 ダノンファラオ 58.0 浜中 俊
6枠9番 フルデプスリーダー 56.0 丹内 祐次
6枠10番 ブラックアーメット 56.0 角田 大和
7枠11番 ロードレガリス 56.0 富田 暁
7枠12番 スワーヴアラミス 58.0 松田 大作
8枠13番 バティスティーニ 56.0 鮫島 克駿
8枠14番 ダンツキャッスル 56.0 吉田 隼人



《関連記事》
・【レパードS】最有力はタイセイドレフォン 好素材ホウオウルーレットには気になるデータあり
・【エルムS】カギはマリーンS組の取捨! 函館と札幌のダート1700mの違いを分析し見えた傾向とは
・【エルムS】「前有利」の舞台設定 ハイブリッド式消去法で残った注目馬はアメリカンシードとダノンファラオ