両選手とも本塁打&打点はリーグトップ

ヤクルトの村上宗隆がセ・リーグを席巻している。7月31日の阪神戦から8月2日の中日戦にかけて、史上初の5打席連続本塁打をマーク。8月6日にコロナ特例で抹消となり心配されたが、1日で復帰した。ここまで断トツの39本塁打・98打点で二冠へ爆走中。打率もリーグ3位の.318で三冠王も視界に捉えている。

一方、パ・リーグでは西武の山川穂高が33本塁打・69打点で二冠王へ突っ走っている。直近の3試合連続で本塁打を放ち、2位・浅村栄斗(楽天)に本塁打は15本差、打点は9点差でリード。2018年、19年に2年連続本塁打王に輝いたパワーヒッターがタイトルへ視界良好だ。

両リーグを代表する長距離砲をデータで比較してみたい。村上の方が10試合、38打数多いため、累積の数字だけでなくセイバーメトリクスも含めた比較が下の表だ。

村上宗隆と山川穂高の比較


村上の方が上回る項目が多いが、ひとつずつ見ていくとそれほど差はない。長打率は単打も含まれるため、より純粋な長打力を表すために「長打率−打率」で算出したIsoPは、村上が.388で山川が.374。規定打席到達者では、12球団で1位と2位だ。12球団で3位の大山悠輔(阪神)は.252だから、いかに2人が飛び抜けているか分かるだろう。

本塁打を打つまでにかかる打数を示すAB/HRは村上が8.7、山川が9.2。これも12球団ワンツーで、3位・大山の14.8と比べてもずば抜けている。2人とも約9打数に1本のペースで本塁打を量産しているのだ。

フライに占める本塁打の割合を示すHR/FBは村上が28.1%、山川が23.9%。同様に12球団3位の大山は15.6%と大差がついている。2人とも打球が上がれば、4本に1本はオーバーフェンスという驚異的なパワーが証明されているのだ。

選球眼では村上が上

三振数は村上が82、山川が80となっているが、打数は村上の方が多いため、三振を1つとられるまでにかかる打席数を示すPA/Kで比較すると、4.50の山川に対し、村上は5.15で上回っている。ただ、12球団トップの宮﨑敏郎(DeNA)は13.61となっており、両球団合計54人の規定打席到達者のうち村上は36位、山川は46位。2人とも三振は多いが、長距離砲ゆえ仕方ないだろう。

意外に差がついているのが四球数。村上は78、山川は49で、選球眼を表すために「出塁率−打率」で算出するIsoDは、村上が12球団トップの.133、山川は同4位の.114となっている。山川も四球数は少なくないが、それ以上に村上が四球を選んでいると言える。

三振と四球の割合を示すBB/Kは、数値が高いほど四球が多くて三振の少ない選手、すなわち選球眼が良い選手だと評価される。村上は.951で12球団4位、山川は.613で同16位と差が開いた。ちなみに12球団トップは吉田正尚(オリックス)の1.793となっている。

現状では、パワーにはほとんど差がないが、選球眼で村上に分があるといったところだろうか。2人が今後どこまで数字を伸ばすか注目すると同時に、ともに首位を走るチーム同士でもあるため日本シリーズで対決する姿も見てみたいものだ。

※成績は8月8日現在

【関連記事】
・12球団の捕手事情、西武・森友哉がFA宣言したら手を挙げそうな球団は?
・60本超え?3試合連続マルチ? 5打席連発のヤクルト村上宗隆に期待される次なる本塁打記録
・西武・中村剛也が目前に迫る史上初の珍記録とは?450本塁打へカウントダウン