西勇は3勝&防御率0.66、村上は8本塁打17打点

プロ野球の7月度「大樹生命月間MVP賞」が発表され、セ・リーグは西勇輝(阪神)と村上宗隆(ヤクルト)、パ・リーグは水上由伸(西武)と吉田正尚(オリックス)が受賞した。

2019年9月度以来2度目の受賞となった西は、4試合に先発してリーグ2位タイの27.1回を投げ、同トップタイの3勝、同2位の防御率0.66の好成績。登板した全試合でQS(6回以上自責点3以下)を記録するなど安定感が光った。

投手部門での阪神からの受賞は、今季の5月度に受賞したウィルカーソン以来となる。

打者部門では村上が2か月連続3度目の受賞。月間全20試合にチームの4番として先発出場し、リーグトップの8本塁打、長打率.742、出塁率.471に加えて、リーグトップタイの17打点をマーク。2年連続で両リーグ最速の30本塁打も放った。

7月31日の阪神戦では、自身初となる3打席連続本塁打も記録。文字通り、主砲としてチームを牽引した。2カ月連続での受賞は、セ・リーグでは2021年7・8月度、9月度の鈴木誠也(広島)以来17人目、ヤクルトでは2001年4月度、5月度のペタジーニ以来2人目となる。

水上が7Hで初受賞、吉田は28安打20打点

パ・リーグの投手部門では、西武の水上がプロ2年目で初受賞。7月は11試合に登板して無失点で2勝を挙げ、リーグトップタイの7ホールドをマーク。29日のソフトバンク戦では、プロ初セーブも記録し、西武の育成出身選手としては初めての月間MVPに輝いた。

打者部門では6月度の杉本裕太郎に続きオリックス勢が連続受賞。2021年5月以来5度目の受賞となった吉田は、全24試合に4番指名打者で出場し、リーグトップの出塁率.454、同2位の20打点、同2位タイの28安打、長打率.529と、ハイレベルな成績を残した。

7月は10試合でマルチ安打を放つなど、安打を量産。四球でも出塁を重ね、出場24試合中21試合で出塁しチームに貢献した。得点圏でも勝負強い打撃を見せ、5本の殊勲打(先制打3、同点打2)を放ち、4番として打線を牽引した。

【関連記事】
・ヤクルト村上宗隆と西武・山川穂高をデータ比較、意外に差がついた項目は?
・12球団の捕手事情、西武・森友哉がFA宣言したら手を挙げそうな球団は?
・阪神引っ張る中野拓夢・島田海吏・近本光司があの「スーパーカートリオ」を上回る理由